住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

キッチン

狭いキッチンの間取りは、やめましょう

投稿日:

狭いキッチンの間取りを検討している方は、いるでしょうか?

料理をあまり作らない方や、間取りのスペースの問題で狭いキッチンの間取りを検討する方がいます。

また、2世帯住宅の場合では、狭いキッチンの間取りを作る方が多いです。

でも、狭いキッチンの間取りは、とても不便な場所で後悔する可能性が高いです。

キッチンの間取りは、通常の広さで作ることが必要です。

今回は、狭いキッチンの間取りは、やめましょうの話をします。

狭い キッチン 間取り画像

狭いキッチンの間取りは、やめましょう

狭いキッチンの間取りは、やめましょう。
と伝えていますが、通常のキッチンの広さは5畳の広さが必要になります。

間取りの関係で狭いキッチンになる場合には、L字やUの字のシステムキッチンを採用したり、I型キッチンではサイズが小さいシステムキッチンを選択します。

でも、狭いキッチンの間取りは、実際に利用して料理を作ると分かるのですが、とても使いづらいです。

料理を作るときにも不便を感じますが、料理の片付けで食器洗いをするときにも、不便を感じます。

特に2世帯住宅の場合では、狭いキッチンの間取りを作る場合が多いですが、不便を感じて後悔する方が多いです。

狭いキッチンの間取りを検討

キッチンの間取りは、対面キッチンであれば5畳の広さが必要になります。

間取りスペースの関係で5畳のキッチンが難しい場合は、壁付けI型キッチンを採用して、ダイニングキッチンとしてダイニングとキッチンを同一のスペースにすることで、狭いキッチンの間取りでは無くすことが可能です。

狭いキッチンの間取りを選択する方の中には、収納を工夫したり奥行きの広い特殊なシステムキッチンを選択して、狭いキッチンの間取りのデメリットを回避しようとする方がいます。

でも、実際に利用してみると分かりますが、根本的な解決方法にはならないので、狭いキッチンの間取りの工夫を検討するよりも、通常のキッチンの間取りを検討する方が良いです。

狭いキッチンの間取りは、やめたほうが方が良いと思います。

以上、狭いキッチンの間取りは、やめましょうの話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-キッチン
-, ,

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.