住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

台風に強い窓ガラスは、合わせガラスが一番

投稿日:

最近の日本は、史上最大級レベルの災害が多くなっています。

地震への不安もありますが、台風への不安も多くの方が抱いているでしょう。

台風の被害を考えるときに、まっさきに窓ガラスの破損を不安に思う方もいるのではないでしょうか。

なぜなら、窓ガラスというのは住宅の中で一番破損する可能性があり、窓ガラスが破損した場合には大変なことになるからです。

台風が来ても強い窓ガラスを設置していれば、台風への不安も軽減されることは間違いありません。

台風が来ても破損する心配のない強い窓ガラスと言えば、合わせガラスを利用することが一番です。

合わせガラスというのは、2枚のガラスの間にフィルムシートを接着したものですが、防犯ガラスとしても利用されていることで有名です。

今回は、台風に強い窓ガラスは、合わせガラスが一番の話をします。

台風に強い窓ガラスは、合わせガラスが一番

台風に強い窓ガラスは、合わせガラスが一番

台風に強い窓ガラスとして、合わせガラスが一番と伝えています。

合わせガラスは、防犯ガラスとして利用されていますが、泥棒が窓ガラスを金槌で割っても直ぐに破損することがなく、窓ガラスを破損して侵入することは大変なことです。

ですので、そのような頑丈な窓ガラスであれば、台風にも安心することが出来るのは当然のことですね。

台風にも強くて、防犯対策にもなる窓ガラスであれば、窓のことで不安になることはないと思います。

台風に強い窓ガラスを検討

台風に強い窓ガラスとして、合わせガラスを伝えました。

実は、合わせガラスというのは、強いことはもちろんですが、2枚のガラスの間にフィルムシートを挟んでいる構造のために、防音対策の窓ガラスとしても発揮することが出来ると言えます。

音というのは、空気の振動を通して伝わって来ますが、フィルムシートが振動を遮断するので、合わせガラスは防音対策としても有効です。

台風の強い風での外部からの浮遊物があっても破損する可能性が少なく、防犯対策にもなり防音対策にもなる合わせガラスを注文住宅を建てるときには、選択することで大きな安心感を得ることが出来るでしょう。

私が住宅メーカーに勤めていたときの経験として、注文住宅を建てたお客様の自宅で泥棒に侵入されそうになる事件がありました。

でも、幸いなことに合わせガラスを利用していたので、窓ガラスに日々が入っている状況だけで、中に侵入することが出来ませんでした。

注文住宅の仕様を決めるときに、はじめは合わせガラスの防犯ガラスを選択しても、見積もりをしてから仕様変更をして、通常の複層ガラスにする方が多いのですが、防犯のことや、今後も訪れる可能性が高い大型台風に備えて、注文住宅を建てるときには、合わせガラスを選択することがオススメです。

以上、台風に強い窓ガラスは、合わせガラスが一番の話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.