自宅の住宅で外壁タイルを検討している方は、いるでしょうか?

外壁タイルは、戸建住宅の外壁で1番高価な外壁です。

リーズナブルなサイディングの外壁を選択するよりも、200万円ぐらい高い外壁になります。

でも実は、戸建住宅のメンテナンスを含めて検討すると、外壁タイルを選択した方が、リーズナブルになります。

今回は、外壁タイルの新常識の話をします。

外壁タイルの新常識画像

外壁タイルの新常識

外壁タイルの新常識として、外壁タイルは高くない。

ということが外壁タイルの新常識です。

外壁をタイルにすることは、戸建住宅では高い外壁のイメージが強かったです。

特に総タイル張りの外壁にするのであれば、リーズナブルなサイディングの外壁を選択するよりも、200万円以上高くなる場合が多いです。

ですので、戸建住宅の外壁を総タイル張りにすると高い費用になるので、リーズナブルなサイディングの外壁を選択してしまいがちです。

でも実は、戸建住宅の外壁では、定期的なメンテナンスな必要になります。

サイディングの外壁では、10年ごとに再塗装をする必要があるので、100万円以上の出費になります。

外壁をタイルに選択していれば、再塗装は不要なので、メンテナンスの維持費を含めて考えれば、外壁をタイルに選択することは高いことではありません。

外壁タイルの新常識を検討

外壁タイルの新常識として、維持費のメンテナンスを含めて検討すると、外壁をタイルに選択することは、高いことではありません。

注文住宅を建てるときには、最初は値段を考えないで夢のマイホームで設計をする方が多いです。

そして、見積もりを見て現実的なマイホームの設計をします。

外壁の部分は住宅で面積が1番広い部分なので、採用する外壁で価格が大きく変わります。

例えば、総タイル張りの外壁からリーズナブルなサイディングに変更するだけでも、200万円以上予算を下げられる場合があります。

ですので、外壁をリーズナブルなものを選択して、見積もりの予算をセーブする場合が多いですが、建築時のことだけ考えては大変なことになります。

建築時に多少大変でも外壁タイルを選択することは、メンテナンスを含めて長い目で考えると、良い選択だと思います。

外壁タイルの新常識は、メンテナンスの維持費を含めて検討することが大切です。

以上、外壁タイルの新常識の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告