グラスウールで防音が出来るか気になる方は、いるでしょうか?

木造住宅では、2階の音が下に響くことが気になるので、2階の床の下にグラスウールを設置して防音効果を期待することがあります。

また、トイレの音が気になる方もトイレの壁内にグラスウールを設置して防音効果を期待します。

でも、グラスウールで防音が出来るのでしょうか?

今回は、グラスウールで防音できる?の話をします。

グラスウール 防音イメージ画像

グラスウールで防音できる?

私が自宅の注文住宅を建てるときには、住宅内の音が気になるので防音を検討しました。

防音と言っても、スタジオのような本格的な防音は費用の関係で難しいので、簡易的なもので良かったですが、注文住宅の設計士からはグラスウールの防音を提案されました。

2階の部屋の音が下に響くことが気になったことと、トイレの音が他の部屋に響くことを気にしたので、2階床下とトイレの壁内にグラスウールを設置しました。

実際に生活してみると、トイレの音に関しては防音されている感じはありました。

でも、2階床下のグラスウールの防音は、防音というより減音という感じです。

1階の部屋にいると2階の部屋の足音が気になる感じはあります。

木造住宅で2階部屋の音を防音するためにグラスウールを利用する方法以外としては、2階フローリング下に専用のゴムシートを設置する方法もあります。

でも、この方法でも完全な防音とも言えなくて、1階にいると2階の足音は感じる場合があるようです。

もちろん、グラスウールの防音を設置していないのであれば、もっと音が響くので減音でもグラスウールの防音をして良かったと思います。

グラスウールで防音を検討

グラスウールの防音は、ある意味簡易的な防音と感じます。

グラスウールで防音することは、グラスウールを設置するだけなので簡単に出来るので、費用的にはリーズナブルに防音効果を期待することが出来ます。

本格的な防音は難しいですが、少しでも音を減らすことであればグラスウールの防音でも可能です。

グラスウールの厚みによって防音効果が変わるので、防音効果を期待するときには、グラスウールの厚みを出来るだけ厚くすると良いと思います。

グラスウールの防音では、ドラムなどの楽器を防音することは難しいと思いますが、住宅内の生活音を気になる方で簡易的な防音効果を期待する方は、グラスウールで防音効果を採用しても良いと思いますよ。

以上、グラスウールで防音できる?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告