ガス式の床暖房の仕組み気になる方は、いるでしょうか?

床暖房には、大きく分けると電気式とガス式に分かれますが、ガス式の床暖房は、お湯を作って床を暖める床暖房です。

お湯で床を暖める床暖房は、電気の電熱線式よりも均一に床が温まり柔らかい暖かを感じます。

ガス式の床暖房の仕組みは、どのようになっているのでしょうか。

今回は、ガス式の床暖房の仕組みの話をします。

床暖房 仕組み ガスイメージ画像

ガス式の床暖房の仕組み

ガス式の床暖房の仕組みは、ガス給湯器で湯を作って床下に設置したシートに湯を循環する仕組みです。

ガス給湯器で湯を作るので、床暖房のスイッチを入れれば直ぐに床が温まります。

電気の床暖房では、電熱線式と温水式がありますが、電気で温水式の床暖房なら部屋が温まる時間が掛かります。

ガス式の床暖房は、湯を作る時間が早くパワフルなので、電気式の床暖房よりも早く部屋が温まるので、床暖房を24時間運転しないでも利用するときだけ運転する感じでも快適に利用できるとも言えますね。

ガス式の床暖房の仕組みを検討

ガス式の床暖房の仕組みは、電気式の床暖房の仕組みよりもシンプルだと言えます。

一方で電気式の床暖房の仕組みは、複雑な仕組みが多いです。

電気式の床暖房では、電熱線・温水式・ヒートポンプ式と色々な方式があります。

電気の電熱線式の床暖房は、シンプルな仕組みで初期費用も安いので、1番多く導入されている床暖房ですが、電気代が1番高くなる床暖房です。

床暖房を導入しても、光熱費が高いことから徐々に床暖房を利用しなくなる傾向がある床暖房です。

他の電気式の床暖房で温水式とヒートポンプ式は、毎月の光熱費は安いと言えますが、仕組みが複雑なので初期費用もメンテンス費用も高くなります。

ガス式の床暖房の仕組みは、シンプルな仕組みなので電気の温水式よりも良いと感じます。

ガス式の床暖房の仕組みは、ガス給湯器で湯を作り床下のシートに湯を循環するというシンプルな仕組みだからこそ、メンテンスも楽だと思います。

また、ガス式の床暖房は、電気式の床暖房よりもパワフルなので、24時間運転をしなくても利用するときだけ床暖房を運転することが可能だと言えます。

以上、ガス式の床暖房の仕組みの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告