注文住宅で勾配天井を選ぶ方も増えています。

屋根裏を無くして高い天井の勾配天井は
部屋が広く感じるものです。

でも広い空間ということで
エアコンの光熱費が掛かるので後悔する方もいます。

今回は、勾配天井は後悔な話をします。

勾配天井 後悔画像

勾配天井は後悔な話

勾配天井は屋根裏部屋を無くして天井にしたものですが
部屋の空間が縦に広くなるので開放感を感じるものです。

注文住宅で勾配天井の間取りを憧れる方はいますが
実際に勾配天井の部屋にして後悔している方は多いです。

なぜなら部屋の空間が広いので
光熱費が掛かるというのが理由です。

勾配天井は後悔を検討

勾配天井の部屋になれてしまうと
天井が高い開放感が当たり前に感じてしまい
勾配天井の開放感よりも光熱費のことが気になってしまいます。

エアコンの光熱費を節約するために
シーリングファンを付けることは効果ありますが
それでも勾配天井でない普通の天井の方が良いと
感じる方も多くいます。

実際に生活をしていく上ではおしゃれで素敵な家よりも
光熱費が掛からないで無難な家が良いものですね。

理想な家は3度建て直しで理想な家になると言われていますが
無難な家であれば後悔は少ないと思いますよ。

以上、勾配天井は後悔な話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告