新築で家を建てる方は外壁に家の飾りとなる
妻飾りを付けることを検討している方もいると思います。

特に北側道路の家では外壁が凹凸がないので
物寂しい感じになりやすいですが妻飾りをつけることで
ワンポイントが出来て良い感じになります。

でも妻飾り選びを間違えるとデメリットになります。

今回は、新築で妻飾りデメリットの話をします。

新築で妻飾りデメリットの話

新築で妻飾りのデメリットになる一番の原因が妻飾りのサビの問題です。

安い妻飾りだとサビで外壁が汚れてしまい大変なことになります。
ロートアイアンと呼ばれる妻飾りであれば、サビのデメリットがないので
新築で妻飾りを付ける方は、ロートアイアン製にすることが大切です。

新築で妻飾りデメリットを検討

新築で妻飾りを付けるデメリットは
サビ問題をクリアすれば大丈夫です。

特に北側道路の方はアクセントとなる
妻飾りを付けることで良い感じになると思います。

また自分で妻飾りを設置しようとする方もいますが
特に新築の場合はプロに設置してもらうことが良いですよ。

以上、新築で妻飾りデメリットの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告