住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

住宅について

注文住宅で設計のヒアリングシートの話

更新日:

注文住宅の建てるときには住宅メーカーで設計のヒアリングシートというアンケートを記載します。

設計のヒアリングシートでは、何部屋欲しいとか駐車場の希望台数、トイレの数など、自分が希望する注文住宅を建てるに際して必要なことをヒアリングシートに記載していきます。

注文住宅を建てるイメージがぼんやりとしていた方も、設計のヒアリングシートを記入することで理想な注文住宅のイメージがより具体的になります。

今回は、注文住宅で設計のヒアリングシートの話をします。

注文住宅ヒアリングシート画像

注文住宅で設計のヒアリングシート

注文住宅で設計のヒアリングシートは、住宅会社に来ていただいたお客様に一番初めに書いていただくものです。

設計のヒアリングシートの内容は膨大な場合もあるので、自宅に持ち帰って記載していただくこともありますが、注文住宅を建てる上で一番大切なものになります。

注文住宅では予算の都合で見積もりが出てから削る部分が出てきます。でも設計のヒアリングシートでは予算を考えないで、まずは希望の理想な間取りを伝えるようすることがポイントです。

実際の見積もりが出てから色々と削れば問題ないので、設計のヒアリングシートでは遠慮をしないで自分の希望通りに記載することが大切です。

注文住宅で設計のヒアリングシートを検討

注文住宅ではお客様に記載していただいた設計のヒアリングシートに沿って、間取りのプランを作ります。

ヒアリングシートの内容によっては途中で設計士から質問もあるかもしれません。初めて提出される間取りのプランや見積もりが出るまで楽しみな方も多いと思います。設計士から間取りと見積もりが提出されるまでは、ゆっくりと待つことが良いと思います。

間取りのプランと見積もりが提示されてからが、本格的に設計を考える段階になります。

予算内で希望の金額になるように、間取りや仕様を見積もりを考えて検討する必要があります。

注文住宅の設計では設計のヒアリングシートから、削る所は削る必要がありますし、削れない部分は削れないものです。後悔しないポイントとしては、間取りを変更することは控えて、仕様のグレードを変更する方が後悔しないポイントです。

注文住宅での設計ヒアリングシートは、初めの間取りを見積もりを作成するときでは大切なものです。まずは、あなたの理想な希望の注文住宅を設計のヒアリングシートにいっぱい記載してみましょう。

以上、注文住宅ヒアリングシートの話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-住宅について
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.