注文住宅を建てる方は屋根の形状についても決める必要がありますが、陸屋根はデメリットが多いので木造住宅では、やめておきたい屋根の形状です。

シンプルな形状や屋上としても利用できる陸屋根のに憧れる方もいますが、陸屋根は雨漏りへのデメリットの可能性が高く、住宅が完成してからもメンテナンスが大変な屋根になります。

今回は、陸屋根のデメリットの話をします。

陸屋根 デメリット画像

陸屋根のデメリット

一般的に木造住宅で陸屋根はデメリットが多いので、通常では陸屋根は作りません。

雨が降ったときに平らな陸屋根は雨水を受け入れるような形状をしています。そのままでは屋根に水が溜まるので排水処理して水を流すようにしていますが、陸屋根には防水工事が重要になります。防水工事は10年毎に防水工事をする必要がありますが、費用がかかり大変なデメリットになります。

また陸屋根は雨漏りの問題からクレームにもなりやすいので、自由設計をする注文住宅の会社でも、デメリットが多いので、木造住宅での陸屋根の希望は受け付けないという住宅メーカーが多いです。

陸屋根に憧れる気持ち

デザイナーハウスのようなコンクリート打ちっぱなしの住宅では、陸屋根が多く採用されています。世界的に有名な建築家が建てた住宅でも陸屋根の住宅は多いです。

でも日本の気候にはデザイナー住宅のような、コンクリート打ちっぱなしの住宅はカビが発生するので向いていません。陸屋根のデザイナー住宅に実際に住んでいる方の多くは、雨漏りが多く住みづらいということで長く住む方は少ないようです。

どんなに見た目が良い住宅でも雨漏りが多くて安心して暮らせないなら、本来の住宅の役割を満たすことが出来ません。

陸屋根のデメリットを検討

屋根にソーラーパネルを設置を検討している方は、陸屋根にすることを検討する方が多いです。でもソーラーパネルを設置する場合には、屋根は片流れ屋根の方がメリットが多いです。

陸屋根のデメリットを回避しようと色々な工夫を考える方もいますが、無難な形状の屋根の方が住んでからも安心です。

以上、陸屋根のデメリットの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告