注文住宅では玄関ドアも選ぶ必要がありますが
リクシルの玄関ドアから選ぶ方が多いと思います。

でも親子ドアにするかシングルドアにするか
検討する方も多いのではないでしょうか。

今回は、リクシルで玄関ドアの親子は必要?の話をします。

リクシルで玄関ドアの親子は必要?

玄関ドアをリクシルの製品の中から選ぶ方は多いと思います。
価格と品質のバランスが良いと感じます。
またリクシルでは色々なタイプの玄関ドアがあるので
洋風や和風など全ての住宅の外観に似合う玄関ドアが見つかります。

玄関ドアの選択で迷うのが親子ドアにするか
迷う方が多いと思います。

親子ドアにすることで玄関の開口が広くなるので
ソファーやベッドなどの大型家具の搬入が便利になると考えます。
でもよく考えてみると廊下や階段の幅は広くないので
玄関ドアを親子にするメリットってある?と考えてしまいます。

実際に親子ドアにした多くの方は
親子ドアを全開にすることは殆どありません。
親子ドアを採光として利用することが多いものです。

リクシルで玄関ドアの親子は必要?を検討

リクシルで親子ドアにすることで
サイドの部分からの採光が期待できます。

日中に照明を付けなくても明るい玄関というのは
良い印象があります。

またデザイン的にも玄関が大きく感じので
たとえ親子ドアを利用することがなくても
あとから後悔することは無いものです。

もしリクシルの玄関ドアで親子にするかしないか
迷う方がいるのであれば
親子ドアにしたほうが良いと感じます。
LIXIL 防火戸 FG-E ジエスタ C41型 親子:採光部あり FGシリーズ 断熱玄関ドア アクリュアイボリー

以上、リクシルで玄関ドアの親子は必要?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告