戸建で延床が20坪というと狭小住宅と考える方もいますが、延床で20坪の間取りというと結構広いと感じます。

20坪というと66平米になりますが、マンションの間取りとしては狭い広さかもしれません。

でも戸建で延床20坪でも2LDKの間取りが可能です。狭小住宅と感じないものです。

今回は、狭小住宅間取りで20坪の話をします。

正方形間取り画像

狭小住宅間取りで20坪

私の自宅の土地の広さで延床20坪の間取りを作ってみました。

家の形は正方形にしてみましたが、コンパクトな間取りですが狭小住宅と感じません。

リビングが12畳で寝室が5.2畳が2部屋なので、子供が1人の家庭ならストレスを感じることなく、狭小住宅と感じることなく生活できると思います。

寝室は寝るだけの部屋として5畳ぐらいの部屋で丁度良いと感じます。実は10畳ぐらいの広い寝室よりも5畳ぐらいの寝室の方が人の心理的には落ち着くという方も多いです。

また、寝室の隣同士の壁はクローゼットで仕切られているので、隣同士の音も気にすること無く暮らすことが可能です。トイレも部屋には隣接していないのでトイレの音も気になりません。

狭小住宅でもプライバシーという音を気にすることない生活は、ストレスを感じないので良い間取りと言えます。

狭小住宅間取りで20坪を検討

狭小住宅の間取りで住宅を建てると坪単価55万円として1200万円で住宅が建てることが可能です。

グレードが良い仕様にした場合では、坪単価65万として1400万円の住宅になります。

私の自宅の土地で狭小住宅の間取りで20坪だと、老後になったときに建て替えると良いと感じています。狭小住宅で20坪の間取りだと狭くてなく調度良い広さなので、掃除もしやすくて住みやすいです。

老後は戸建からマンションに住替えを考える方もいますが、戸建で自由に生活することも良いものです。

また最近では2階建住宅を平屋に建て替えることも人気があります。子供が独立して広い間取りの住宅は必要ないので平屋にする方が増えています。でも平屋だと寝室が1階になるので窓を開けて寝ることへの不安があります。狭小住宅の間取りの2階建てに建て替える方が、今までの生活スタイルと変わらないので良い場合もあります。

狭小住宅間取りで20坪は、老後への建て替えにも良い間取りとも言えます。狭小住宅間取りで20坪はこれから人気が出る可能性もあるものです。

以上、狭小住宅間取りで20坪の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告