住宅を建てる方ではlow-eガラスを検討する方も多いと思います。

low-eガラスはガラスの表面に金属の膜をコーティングしているので
窓ガラスの性能が向上すると言われています。

ペアガラスの外側にlow-eガラスの膜を貼ると
遮熱タイプになり光だけを通して熱を通さない仕様になります。
またペアガラスの内側にlow-eガラスの膜を貼ると
断熱タイプになり室内の熱を外に逃がさない仕様になります。

窓ガラスの性能が向上するlow-eガラスですが
デメリットとしては光だけを通して熱を遮断することにあります。

今回は、low-eガラスのデメリットの話をします。

low-eガラス デメリット画像

low-eガラスのデメリット

low-eガラスのデメリットは光だけを通して熱を遮ることにあります。

西日が暑いと感じる部屋ではlow-eガラスにすることで
日当たりを確保して暑さを感じません。
でも夏のときはlow-eガラスは快適に利用することが出来ますが
冬のときにはlow-eガラスでは太陽の暖かさを感じることが出来ません。

冬場には太陽光を浴びて日向ぼっこをしたいこともありますが
low-eガラスを採用すると日向ぼっこをして過ごすことが出来ないのが
メリットして感じるでしょう。

low-eガラスのデメリットを検討

窓ガラスの断熱性能を向上するためにlow-eガラスを採用した方でも
low-eガラスで断熱性の効果をあまり感じないという方も多いです。
あまり効果を感じないのもlow-eガラスのデメリットでもあります。

窓ガラスの断熱性を向上するなら
真空ガラスにすることが一番効果があるものです。

住宅メーカーのキャンペーンで
low-eガラスを無料で設置できるものがありますが
その場合にはlow-eガラスを選択しても良いですが
追加費用を出してまでlow-eガラスにする必要はないと感じます。

low-eガラスの効果をあまり期待しないで
low-eガラスを利用するぐらいがちょうど良いと感じます。

以上、low-eガラスのデメリットの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告