老後になったら平屋に住みたいと思う方は多いと思います。
子供が独立して夫婦二人なら広い部屋は必要ないので、掃除もしやすいコンパクトな平屋に住みたいものです。

平屋だと土地の関係で広い間取りに出来ない方も多いですが、夫婦二人なら1LDKで良いという方も多いです。

今回は、平屋の間取り1LDKの話をします。

平屋 間取り 1LDK画像

平屋の間取り1LDK

私の自宅は現在2階建ですが、将来平屋に建て替えたときを想定した平屋の間取り1LDKを作成してみました。(下が北向きになっています。)

平屋 間取り 1LDK画像

平屋の間取り1LDKを検討

平屋に建て替えたときの間取りを考えてみましたが、2階建ての住宅とは違い階段がない間取りなので老後になっても安全に暮らせて良い間取りと感じます。

平屋で1LDKの間取りだと狭いイメージがありましたが、寝室がクローゼットを除いて7.5畳でリビングダイニングが9.6畳あるので狭すぎず広すぎないので、老後には掃除もしやすく丁度良い間取りと感じます。

また老後には廊下を通り部屋の移動があるよりも、家の中の動線が少ない方が良いと感じます。
寝室から直ぐにトイレに行けたり、寝室から直ぐにリビングが行けることが良いと感じます。

寝室に2つの出入り口がありリビングにも2つの出入り口があるので、部屋の中で互いにぶつかることなく1LDKの間取りでも快適に暮らすことが可能です。

平屋の間取り1LDKの費用

平屋の間取りでは二階建てよりも坪単価当たりの建築費が高くなると言われますが、坪単価80万円で計算しても延床15坪の間取りなので1200万円の費用で平屋の1LDKが完成します。

2階建てのときには諦めた部屋の内装などをグレードが高いものを利用できます。
老後にはグレードが高い平屋で快適に暮らしたいものです。

老後にはマンションに住替えを考える方もいますが、平屋で1LDKの間取りも良いと思いませんか?

平屋の間取りについて下記で資料請求すると色々と勉強になります。

⇒詳細はこちらをクリック!
※今なら先着で家づくりに役立つ小冊子を無料プレゼント中です。

以上、平屋の間取り1LDKの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告