コの字の家の耐震が気になる方はいるでしょうか?

注文住宅でコの字の家に憧れる方は多いですが、実際にコの字の家を建てる方は少ないです。

なぜなら、コの字の家では耐震の問題や費用の問題など普通の住宅よりもデメリットが多い住宅だからです。

特にコの字の家の耐震性は、安心して暮らすための住宅に大きなデメリットがあります。

今回は、コの字の家の耐震の話をします。

コの字の家 耐震画像

コの字の家の耐震

コの字の家の耐震性は建築的に考えてみると、耐震性が良い形の住宅ではありません。

耐震性を考える場合、住宅の重心が家の中心にあることが重要です。

正方形の家であれば家の重心は真ん中に来るので、地震のときには家が均等に力が分散されて揺れることになります。

でも、コの字の家では家の重心が建物の中ではなくて、中庭のコの字の部分に家の重心が出来てしまいます。

地震になったときに家の重心がコの字の部分にあるので、地震になって揺れるときに力が均等に分散されないので、家の一部分に力が強く掛かり破損する可能性が高い家だと言えます。

ですので耐震性を考慮すると、コの字の家を建てることはリスクが高い家を建てることになります。

コの字の家の耐震を検討

コの字の家の耐震性を考えると、あまりオススメできる家の形ではありません。

コの字の家を検討していて耐震性を気にする方は、普通の家の形を建てる方が安全です。

でも耐震性を高めてコの字の家を建てたい方は、耐震について色々と検討すると思います。

でも、耐震性を高めるために色々な装置がありますが、結局は家の形を変えることが一番ベストな方法だと気づくと思います。

コの字の家で耐震を高めるための装置で費用が掛かることもネックになりますが、そもそもコの字の家を建てるにはコストが高くなるので、コの字の家は建築費用が普通の形の家よりも高くなります。

コの字の家を建てるために見積もりをしていると、高い費用を払ってまで中庭が必要?と気づく方も多いと思います。

実は私が自宅の注文住宅を建てるときにも、中庭があるコの字の家を建てることでプランを作成していましたが、最後の最後でコの字の家の耐震性を含めてデメリットを感じて、コの字の家を建てることをやめました。

コの字の家というのは、耐震について調べれば調べるほど不自然な形の家だと思います。

※コの字の家については、他の記事でも話しています。
⇒注文住宅の間取りで中庭と吹き抜けは止めた方が無難

以上、コの字の家の耐震の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告