マンション選びをする方にとって色々な選び方の基準がありますが
一番大切なことは日当たりが悪いマンションだけは
絶対に避けたいものです。

日当たり悪いマンションでは色々なデメリットが発生します。

今回は、日当たり悪いマンションの話をします。

日当たり悪いマンション画像

日当たり悪いマンションのデメリット

日当たりが悪いマンションではどのようなデメリットがあるのか?
日当たりが悪いと色々なデメリットが発生します。

一番のデメリットとしては部屋にいても快適に感じません。
太陽光が入らない日当たりが悪いマンションというのは
部屋にいても気分が良くないので休日では外出することが増えます。

外出して外食が増えるのでお金が掛かることはもちろんですが
部屋にいてもリラックス出来ないのは健康にも良くないです。
日当たりが良いマンションでは外出するよりも部屋にいる方が快適なので
外食するよりも自宅で料理をすることが増えて健康的な生活になります。

日当たり悪いマンションを検討

日当たりが悪いマンションというのは南向きでないマンションは当然ですが
マンション選びでは絶対南向きのマンションを選ぶことが必要です。

また南向きのマンションでも周りの状況によっては日当たりが悪い階もあります。
マンションを選んだときには日当たりが良くても
周りの状況の変化で南向きのマンションでも日当たりが悪くなる可能性もあります。

マンション選びでは立地が一番大切と言われていますが
日当たりを含めて立地が大切という本当の部分です。

日当たりが悪いマンションを購入すると
将来に売却する可能性が倍以上に増えてしまいます。
日当たりが良いマンションを選ぶようにしたいものです。

以上、日当たり悪いマンションの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告