部屋の窓を真空ガラスにしようと検討している方はいるでしょうか?

真空ガラスはペアガラスの間が真空状態になっているガラスですが
魔法瓶でも真空断熱材を利用しているものがありますが
真空ガラスの断熱性はとても高いものです。

でも真空ガラスにデメリットがあることを知っていますか?

今回は、真空ガラスのデメリットの話をします。

真空ガラスのデメリット画像

真空ガラスのデメリット

真空ガラスは断熱性がとても高く最高品質のガラスですが
真空ガラスにもデメリットがあります。
それは真空ガラスは価格が高いということがデメリットです。

部屋のリビングを真空ガラスにするなら50万円ぐらい掛かる場合が殆どです。
魔法瓶でも真空断熱材を利用したものは高い価格ですが
真空ガラスも高価な価格なので気軽に利用できないのがデメリットと感じます。
真空ガラスがもっと安い価格であれば部屋の全てを真空ガラスを採用したいものです。

真空ガラスのデメリットを検討

真空ガラスを検討している方は内窓を設置することと比較検討すると思います。
内窓の方が真空ガラスより多少安く出来る場合があります。

真空ガラスのデメリットは価格が高いと伝えましたが
実は内窓の方が断熱性も高く防音性もあります。
また真空ガラスを採用する方は結露対策のため真空ガラスを採用しますが
真空ガラスを利用する場合はサッシも断熱性が高い樹脂性でないと
サッシの部分に結露が発生する可能性が高いです。

内窓を設置すれば真空ガラスのデメリットは克服できるので
真空ガラスと内窓を比較検討するなら内窓を設置した方が良いと思います。
ただしデザインや窓の状況によっては内窓を設置することが難しい場合があります。
そのようなときには真空ガラスを利用することが良いと思います。

窓の断熱性を最高レベルにしたいなら内窓を真空ガラスにすることが最高ですが
真空ガラスの価格は高いというデメリットがあるので難しいものです。

以上、真空ガラスのデメリットの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告