住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

最近の住宅窓

投稿日:

最近の住宅窓は小さい窓が多いと感じる方はいるでしょうか。

従来の日本の住宅では、引違いサッシの窓で掃き出し窓が多いことが一般的でした。

でも最近の住宅窓では、横すべり出し窓や縦すべり出し窓、丸窓、正方形窓など色々な窓があります。

住宅窓は快適な暮らしをするためにも大切な部分です。

今回は、最近の住宅窓の話をします。

最近の住宅窓画像

最近の住宅窓

最近の住宅窓は、小さい窓のデザインの住宅が多いです。

オシャレに感じて憧れる方も多いと思いますが、小さい住宅窓では生活してから不便に感じる方が多いです。

なぜなら小さい住宅窓では通風性がよくありません。
また、小さい住宅窓のために暗く感じる場合が多いです。

建築の採光を計算すると、大きい窓よりも小さい窓を複数設置する方が明るい部屋になります。
でも実際に小さい住宅窓の部屋に入ると、あまり明るく感じません。

小さい住宅窓よりも、通常の住宅窓の方が快適に感じる方が多いと思います。

最近の住宅窓を検討

最近の住宅窓は、高気密高断熱住宅という考えから、窓を小さくして断熱性を高める場合もあります。
窓よりも壁の方が断熱性が良いので、窓を小さくする考えです。

たしかに冬には小さい住宅窓の方が断熱性が高くて温かい住宅になります。

でも冬以外は住宅窓で換気がしづらいので、あまり快適な住宅とは言えません。
特に夏は小さな住宅窓では、暑い住宅になってしまいます。

住宅窓は、デザイン重視や断熱性を重視するよりも、採光や通風性を考慮した快適性を重視する方が良いと言えます。

デザイナー住宅でのデザイン重視の設計士の方では、住宅窓を小さくする傾向があります。

私が住宅メーカーに勤めているときには、設計の打ち合わせ段階で施主のお客様から窓が小さく少ないと感じるというクレームがありました。

設計士を変更することにして対応しましたが、これから注文住宅を建てる方で住宅窓が小さくて数が少ないのでは?と感じたら、設計の打ち合わせ段階で設計士に伝えることは大切です。

最近の住宅窓の流行に流されないで、本当に快適な住宅窓を選択するようにしたいものです。

以上、最近の住宅窓の話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.