一戸建て購入を検討している方にとって、住宅ローンの審査が一番の大きな壁とも言えます。

住宅ローンの審査が通らないと、一戸建て購入も中古マンション購入も難しい方が多いと思います。

私が住宅メーカーに勤めていたときの経験では、一戸建て購入するには会社員の方であれば年収450万円以上ないと銀行の審査が通りません。

公務員の方であれば、年収が450万円より少なくても優遇されて審査に通りますが、会社員の方は年収が450万円以上必要です。

450万円の年収で約2000万円の住宅ローンの融資が降りて、一戸建てを購入することが可能だと言えます。

今回は、一戸建て購入の年収の話をします。

一戸建て購入の年収画像

一戸建て購入の年収

一戸建て購入の年収は、450万円です。
月収だと30万円で年2回のボーナスで450万円の年収になります。

年収450万円で約2000万円の住宅ローンの融資が降りるので、一戸建てを購入する最低ラインだと言えます。

年収が450万円が2000万円の一戸建てを購入した場合、毎月約6万円の住宅ローンの返済です。
給料が毎月30万円であれば、毎月6万円の住宅ローンの返済は無理なくすることが可能です。

そもそも賃貸住宅でも家賃は6万円以上になるので、賃貸でお金を払い続けるのであれば、一戸建てを購入して、将来は自分のものになるために毎月支払う方が、精神的にも良いです。

一戸建て購入の年収を検討

住宅ローンの審査では、公立学校の先生や公務員という方は、住宅ローンの審査がとてもゆるいので、あまり年収を考慮しないでも、一戸建てを購入することが可能です。

私が勤めていた住宅メーカーでも、消防士さんや警察官という方が多かったですが、若い方で年収が少なくても、上場企業の方と並ぶような一戸建てを購入することが可能でした。

上場企業の方であれば、年収が多い方が多いですが、JRの電車の運転手という方では、年収があまり高くなくても、安定性ということで住宅ローンの審査がゆるく、年収以上の一戸建て購入をしていました。

ただし最近では上場企業でも、景気の影響から住宅ローンの審査が降りづらい場合もあります。

一戸建て購入するには、購入する物件の審査というよりも、住宅ローンを借りる人の勤めている方の年収や会社を審査することになります。

住宅ローンの審査は、銀行によって審査基準が違うので、複数の銀行で住宅ローンの審査をすることが大切なポイントです。

色々と頭で考えてるよりも、まずは実際に審査が降りるかどうかを確かめた方が良いと思います。

以上、一戸建て購入の年収の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告