浴室の目隠しを検討している方はいるでしょうか?

戸建住宅では浴室に窓がある場合が多いですが、浴室の目隠しがないと外から見られることが心配になるので安心して入浴できない方もいます。

浴室の目隠しにはどのようなタイプのものが人気があるのでしょうか。

今回は、浴室の目隠しの話をします。

浴室の目隠し画像

浴室の目隠し

浴室の目隠しは、戸建住宅で快適な入浴をするために必要なものです。

戸建住宅では、浴室が2階にある場合もありますが、夜では外からシルエットが見えてしまうので、2階浴室でも目隠しがあった方が良いです。

浴室の目隠しのアイテムについてですが、ブラインドを設置したり、浴室外部の部分に目隠しをする方法など、浴室の目隠しには色々な方法がありますが、オススメは二重窓の内部にブラインドが内蔵されているものです。

浴室の目隠しとして、浴室の窓の部分にブラインド設置する方は多いですが、長く利用するとブラインドの部分にカビが発生して汚い感じになりやすいです。

浴室窓の外部に目隠しをするものも設置する方が多いですが、外観の見た目があまり良くないことと、外部から浴室がある場所が一目瞭然になってしまうので、あまりオススメではありません。

二重窓の内部にブラインドが内蔵されている浴室目隠しは、窓のサッシメーカーの商品として販売されていますが、ブラインドがカビて汚れることなく快適に利用することが可能です。

浴室の目隠しを検討

注文住宅で浴室の目隠しを設置するのは、設計の段階で検討していた方が良いです。

実際に住んで生活してから浴室の目隠しをすると工事費用が余計に使うことになるので、勿体無いことです。

特に浴室目隠しのブラインド内蔵タイプの窓は、サイズの問題があるので後からリフォームをして設置することは大変なことになります。

浴室の目隠しがある場合と無い場合では、毎日の入浴の快適さに大きく影響します。

何か問題があってからだと浴室がトラウマになってしまう可能性もあるので、何か問題が発生する前に浴室の目隠しを設置する方が良いと思います。

以上、浴室の目隠しの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告