住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

住宅について

賃貸派と購入派の家

投稿日:

賃貸派と購入派の家が気になる方はいるでしょうか。

住宅では賃貸派と購入派に分かれて、どちらが得という議論がありますが、賃貸派と購入派の意見を聞いてみると、どちらも正しいと感じます。

でも、賃貸派と購入派の家というのは、どのような家でしょうか?

賃貸派と購入派の意見でどちらが得か悩んでいる方に、役立つ情報を伝えたいと思います。

今回は、賃貸派と購入派の家の話をします。

賃貸派 購入派 家画像

賃貸派と購入派の家

賃貸派と購入派の家ですが、賃貸派の家は高級な賃貸住宅に住んでいるイメージがあります。

例えば、六本木ヒルズは賃貸住宅になりますが、賃貸派の代表とも言える住宅です。

六本木ヒルズなどの高級賃貸に住んでいる方は、会社勤めをしているサラリーマンというよりは、会社経営者の方が多いですが、会社の経費として賃貸に住むことが可能な方です。

本当の意味で賃貸派が得という方は、賃貸の賃料を経費で支払うことが出来る方だと言えます。

収入が多い方は、年収の半分ぐらいを税金で支払うことになりますが、それであれば住宅を購入するよりも賃貸に暮らす賃貸派の意見になることは当然のことです。

そして収入の変動が激しい会社経営者も、収入の変動に合わせて住まいを変えることが可能な賃貸派の意見になります。

逆に住宅購入派の家というのは、堅実な住宅だと言えます。

将来までの収入や維持費を含めて考えて、自分の身の丈にあった住宅を購入するのが購入派の考えです。

会社員であれば将来までの収入というのは、ある程度予測できるものです。

住宅を賃貸と購入のどちらが得で安全か?ということも、シュミレーションすることが可能です。

例えば会社の職種によっては、全国を転勤することが多い方がいます。

そのような方は、住宅を購入するより、賃貸に暮らしたほうがリスクが少ないと考える方もいます。

住宅購入派の家というのは、将来までのリスクを考えても、購入した方が良いと判断できる家だと言えます。

賃貸派と購入派の家を検討

私は結婚してから3年ぐらいは、賃貸派として賃貸に暮らしていましたが、生活が安定して将来設計が出来るようになってからは、購入派として住宅を購入しました。

私の場合ですが、賃貸では毎月の賃料を支払っても自分のものにならなく、永遠に賃貸料金を支払うので大変な気持ちがありました。

でも自分の住宅購入してからは、毎月の住宅ローンを支払っても将来は住宅ローンがなくなると思うと、賃貸に暮らしていたときと同じぐらいの金額を住宅ローンで支払っても、大変な気持ちがなくなりました。

私の考えですが、会社経営者や特殊な職種の方を除いて、多くの方の場合は、賃貸派よりも購入派の考えの方が安心できると思います。

賃貸派の方も、試しに住宅購入を検討してみると、意外な発見があるかもしれません。

ちなみに、下記のサイトでは無料で住宅情報を入手できますが、未公開物件の情報を入手できるのでオススメです。

⇒詳細はコチラをクリック

※住宅購入する所有感という満足感は、賃貸派では味わえない感覚です。

以上、賃貸派と購入派の家の話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-住宅について
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.