土地活用で駐車場のデメリットが気になる方はいるでしょうか。

土地活用というと、地主のような大規模なものから、少し空いた土地を駐車場にする小規模な土地活用があります。

空いている土地を駐車場にすることは、一番簡単な土地活用で実際に利用する方も多いです。

でも、土地活用で駐車場にすることのデメリットを知っていることは大切です。

今回は、土地活用で駐車場のデメリットの話をします。

土地活用 駐車場 デメリット画像

土地活用で駐車場のデメリット

私が住宅メーカーに勤めていたときには、土地活用もしていましたが、大規模な分譲地を開発する土地活用から個人の方が空いている土地を駐車場にする土地活用までしていました。

空いている土地を駐車場にする土地活用は、やり方によっては殆ど資金が必要ではありません。

例えば、駐車場を月極の契約で運営するのであれば、機械などの装置は不要なので簡単に空いている土地を駐車場にすることが可能です。

土地活用で駐車場として運用することは、初期費用が少なくてリスクが少ない土地活用ですが、デメリットもあります。

それは、土地活用で駐車場を運営しても、あまり儲からないからです。

土地活用で儲けるために駐車場にするという感覚ではなくて、土地が空いていると勿体無いと感じるから駐車場にするぐらいの感覚になります。

土地活用で駐車場のデメリットを検討

土地活用で駐車場にするデメリットは、あまり儲からないことを伝えました。

空いている土地を土地活用で駐車場にしても、土地への税金控除が住宅のようにありません。

駐車場の広さにもよりますが、土地活用で運営した利益が土地への税金で消えてしまう場合も多いです。

空いている土地があるけれど、そのまま放置しておくことは勿体無いと感じるときに、駐車場として土地活用すると良いと思います。

土地活用で駐車場にするときには、税金のことも含めて詳しく相談できる営業担当者に出会うことが大切なポイントです。

ちなみに下記のサイトでは、ネットで一度の入力で一括して複数の土地活用への会社に相談することが可能です。

⇒詳細はコチラをクリック

※無料なので、まずは気軽な気持ちで利用してみてはいかがでしょうか?

以上、土地活用で駐車場のデメリットの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告