土地活用の種類が気になる方はいるでしょうか。

土地活用と言っても、色々な種類の土地活用があります。

土地活用というと、アパートやマンション経営を想像する方が多いですが、土地の売却も含めて土地活用です。

私が住宅メーカーに勤めていたときには、土地活用もしていましたが、アパート経営だけが土地活用ではないと強く感じています。

なぜなら、アパート経営の土地活用はリスクが一番高い土地活用だからです。

これから土地活用をする方は、土地活用の種類を知っていることは必須のことだと思います。

今回は、土地活用の種類の話をします。

土地活用 種類画像

土地活用の種類

土地活用の種類として大きく分類すると、貸すことか売却するのどちらかに分類できます。

土地活用では、土地を売却することよりも貸すことを選択する方が多いです。

先祖代々から受け継いだ土地を売却することに躊躇してしまうことは、当然のことです。

でも土地活用の種類として、売却することも大切な土地活用だと言えます。

土地活用の種類で貸すことよりも、売却することが一番リスクが少ない土地活用です。

何故なら貸す種類の土地活用では、アパート経営や駐車経営など運営することが必要になります。

土地活用をする方の多くは、始めて土地活用をする方が多いですが、運営することは色々な面倒なことがあります。

例えば、アパート経営であれば住人への対応もありますし、常に収益を考えることが必要になります。

売却する土地活用であれば、売却後は何も考える必要がありません。

もちろん、所有している土地によって土地活用の種類は変わります。

土地活用の種類にこだわるよりも、土地に適した最適な土地活用をすることがポイントです。

ちなみに、下記のサイトでは複数の業者に一括して土地活用を相談することが出来るのでオススメです。

⇒詳細はコチラをクリック

土地活用の種類を検討

私が住宅メーカーに勤めていたときには、土地活用として売却の種類を勧めることが多かったです。

土地活用で訪れる方は、農家の地主の方が多かったですが、アパート経営系の土地活用を勧めることはリスクが高いと感じました。

売却する種類の土地活用であれば、売却して現金が入りますが、アパート経営のように他に面倒なことがありません。

もちろん、アパート経営を希望する方には、アパート経営の土地活用もしていました。

私が勤めていた住宅メーカーでは賃貸部門もあったので、土地活用でアパートを建てて、その後の賃貸の募集も一括して対応することが可能でした。

土地活用の種類でアパート経営を検討している方は、アパート建築・賃貸募集などと土地活用全般に渡って、トータルして対応してもらうことが可能な土地活用の業者に相談することがオススメです。

ちなみに、下記のサイトでは複数の業者に一括して土地活用を相談することが出来るので、利用してみてはいかがでしょうか?

⇒詳細はコチラをクリック

以上、土地活用の種類の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告