住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

土地選び

旗竿地の風水

投稿日:

旗竿地の風水が気になる方はいるでしょうか?

旗竿地というと、長方形や正方形ではない変形した土地ですが、風水的にはあまり良い土地ではありません。

風水的には、正方形の土地の方が良いと言われています。

でも、風水というのは昔に作られた理論なので、今現在の考え方には合わないと思います。

旗竿地の風水が気になる方に、役立つ情報を伝えたいと思います。

今回は、旗竿地の風水の話をします。

旗竿地の風水画像

旗竿地の風水

風水的な考えだと、旗竿地というのはあまり良い土地ではありません。

そもそも変形しているもので、風水的に良いものは少ないと言えます。

でも、風水的に良くない土地だからと言って、他にはデメリットがない旗竿地の土地を見つけた場合に、諦めることは勿体無いと思います。

旗竿地の土地でも、駅から近く利便性が良く環境が良いと感じたら、旗竿地の土地でも良いと私は感じます。

旗竿地の土地を風水的に良くするために、旗竿地の細い竿の部分に花を植えることが良いという話もありますが、自宅の土地を美しく綺麗な状態に保つことで、風水的というか色々な意味で良い土地になるものです。

ですので、風水のことを気にしすぎて、旗竿地の土地を始めから検討しないことは、しない方が良いと思います。

旗竿地の風水を検討

これから自宅の注文住宅のために土地探しをしてみると、思うような理想な土地が少ないことを感じる方は多いと思います。

お金の予算がある程度出せる方でも、理想な土地というのは少ないものです。

私が住宅メーカーで働いていたときの経験や自分が自宅の住宅の土地探しを振り返っても、土地というのは、縁というものが大きく影響すると感じます。

風水的なことを気にする方には、古代から受け継ぐ考えを大切にする方が多いですが、一般的に住宅メーカーの設計士は風水的なものには興味がありません。

それよりも、限られたスペースの中で、快適な暮らしが出来るように間取りやデザインの設計をすることに集中しています。

時代時代で考え方や良い家の定義は変わります。

例えば、江戸時代の随筆家の吉田兼好は家は夏に過ごしやすいように作った方が良いと言っています。

でも最近の日本の住宅では、高気密高断熱住宅と言って、冬に暖かい住宅を作ろうとする流れがあります。

夏に過ごしやすい住宅というと、隙間風があって断熱性もない住宅なので、冬は寒くて暮らしづらい住宅です。

昔の考えと今現在の考えは、変わります。

ですので、あまり風水にとらわれないで、自分の判断で旗竿地の土地を検討した方が良いと思います。

※追伸

ネットに掲載されている不動産情報は全体の2割しかないことを知っていますか?
本当に良い土地はネットに掲載される前に成約しています。

良い土地に巡りあうには不動産情報提供サービスで
未公開情報を入手することがポインです。

不動産情報提供サービスは無料で利用できるサービスなので
100万人以上が利用している人気サイトです。
個人情報も安全で安心して利用できます。

⇒詳細はこちらをクリックです。
(今なら限定で不動産購入に役立つガイドを無料プレゼント中)

以上、旗竿地の風水の話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-土地選び
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.