住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

注文住宅 仕様

外壁タイルデメリットよりもメリットが凄い

更新日:

注文住宅の外壁選びで憧れるのは、外壁をタイルにすることです。
高級感溢れるタイルの外観は、憧れの住宅です。
注文住宅の外壁をタイルにしたいと思う方は多いのも当然だと思います。

外壁タイルのデメリットは、タイルが重いので耐震性に良くないということがありますが、それでもタイルの外壁は、色々とメリットが大きいです。

今回は、外壁タイルデメリットよりもメリットが凄いという話をします。

外壁タイルデメリット画像

外壁タイルデメリットよりもメリットが凄い

注文住宅の外壁をタイルにすることでメンテナンスが不要というメリットが、1番嬉しいことです。

他の外壁を選ぶなら、10年に1度に塗装が必要になったりするのでメンテナンス費用が掛かります。

また外壁がタイルだとタイルという石の性質から経年劣化があまりないので、いつまでも美しい外観を保つことが可能です。
私の実家も玄関周りはタイルですが、新築時から外壁の変化がないことを感じています。

タイルは重いという地震のときのデメリットが言われますが、それでもデメリットよりも外壁タイルのメリットの方が大きいと感じます。

外壁タイルデメリットは価格

私も自宅の注文住宅を作るときに、外壁はタイルにすることを考えていました。
メンテナンス不要という部分と美しい外観に惹かれていました。

でも注文住宅の外壁を全てタイルにすると、300万円ぐらいの建築費用がアップします。
外壁タイルの価格が高いことがデメリットです。

お金に余裕があれば総タイル張りの外壁にしたいですが、結局は価格のことを検討して、私の自宅ではメンテナンスが比較的不要と言われているガルバリウムの外壁にしました。

外壁タイルとガルバリウムの比較

ガルバリウム外壁は片手で持てるほど、とても軽いので地震の揺れには有利と言われています。
またガルバリウム外壁は、ほぼメンテナンスは不要とも言われています。

でも、タイルとガルバリウム外壁では全く質感が違うものです。
ガルバは倉庫のような外観になりやすく、総タイル張りのが外壁の住宅の方が高級感を感じます。
総タイル張りの方が外観が飽きないので長く住む住宅には最適な外壁だと言えます。

私の自宅ではガルバの外壁にしましたが、少し後悔を感じています。
自宅が完成したときに、外観が安っぽい感じになったので、住宅が完成したときの喜びが少なくなりました。
住宅費用に余裕があれば、総タイル張りの方が良いと思います。

特に北側道路の住宅では、北側から見た外観に凹凸が少ないので、見た目がのっぺりとした感じになり後悔を感じる場合が多いですが、外壁をタイルにすることで後悔する可能性を減らすことが可能です。

外壁をタイルにすることは、住宅への精神的な満足度が高いというメリットがあります。

以上、外壁タイルデメリットよりもメリットが凄いという話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-注文住宅 仕様
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.