住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

住み心地 注文住宅 仕様

リビングをタイル床にするデメリット

更新日:

住宅でリビングをタイル床にしたいという方は多いと思います。私が現在住んでいるマンションはフローリングの床から、全ての部屋をタイル床にしています。

タイル床ってオシャレで憧れていましたが実際にタイル床の住宅に住んでみると、ちょっと違う感覚になります。

今回は、リビングをタイル床にするデメリットの話をします。
住宅イメージ画像

リビングをタイル床にするデメリット

私が住宅メーカーに勤めているときに、お客様のリビングでタイル床にする注文住宅がありました。タイル床のリビングはオシャレで素敵という印象がありました。そして、現在私は中国のマンションに住んでいますが、タイル床が安いのでタイル床にしました。

タイル床の住宅をみてオシャレと感じましたが、実際にタイル床の住宅に住んでみて1番始めの感想は『足元が寒い』という感覚です。私がタイル床の住宅に住んだのは、冬ではなくて夏のときに1番初めに住んだのですが、タイル床だと夏でも足元がなんとなくヒンヤリする感じがあります。タイル床は石なのでヒンヤリ感があります。

冬のタイル床の感じは?

タイル床で夏にヒンヤリする感じの経験をしたので、冬は寒くて大丈夫?と心配したのですが、別に冬は足元がヒンヤリすることはありませんでした。中国のマンションでは、冬は24時間暖房になっているのですが、足元がヒンヤリする感じがないことが理由です。

でも24時間暖房のない住宅で冬のタイル床は大変寒い感じになると思います。私が住宅メーカーに勤めていたときにお客様の住宅でリビングをタイル床にしている住宅を見学していた時は冬でしたが、足元が大変寒くてタイル床の住宅は良くないと感じたことがあります。

結局タイル床のデメリットでやめた方がよい?

でも実はタイル床のデメリットは特に思い当たりません。タイル床を選択したときには、床暖房を設置することは必須ですが、床暖房をするならタイル床でも全くデメリットがないと思います。

タイル床だと床掃除するときに水で濡らしたモップをかけることができて、いつでも床を清潔に保つことができます。また、タイル床だとフローリング床のように傷が付くということもないので、ずっと新しい床の感じの住宅に住むことが可能です。

リビングをタイル床にしたい方は、床暖房を設置することでタイル床のデメリットがないので、タイル床を選択しても良いと思います。

以上、リビングをタイル床にするデメリットの話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-住み心地, , 注文住宅 仕様
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.