住宅購入の補助金30万円が気になる方は、いるでしょうか?

住宅購入の補助金30万円は、すまい給付金と言う国土交通省が行っているものです。

30万円の補助金というのは、結構大きな金額です。

住宅購入をするときには、住宅購入の補助金を利用したいものです。

今回は、住宅購入の補助金30万のお知らせの話をします。 住宅購入 補助金 30万画像

住宅購入の補助金30万のお知らせ

住宅購入をするときには、時代によって色々な補助金があります。

私が住宅購入をしたときにも、エコ住宅を対象とした補助金だったり、住宅購入での減税だったりと、景気の状況に合わせて補助金の制度が作られています。

住宅購入で30万円の補助金が受け取れるのは、すまい給付金という補助金ですが、どのような制度なのでしょうか。

国土交通省のすまい給付金のホームページで確認すると、補助金のシミュレーションが出来ます。

そして、年収や扶養家族の人数によって、受け取れる補助金の金額が変わります。

私が住宅購入をした当時の状況で計算してみると、受け取れる補助金は20万円でした。

受け取れる補助金が30万円ではなかったですが、20万円でも補助金で貰えるなら助かると感じます。

住宅購入の補助金30万を検討

住宅購入の補助金30万円というのは、収入に応じて補助金の金額が変動します。

そして、年収が高い方は、補助金が適用されない制度になっています。

私が住宅購入をする際には、年収で変化する補助金というのは、存在しなかったと思います。

逆に一部上場企業の大企業に務める方や公務員の方に対して、銀行の優遇金利が適用されていました。

私のような中小企業に務める者には、高い銀行の金利が適用されて悲しくなる記憶があります。

住宅購入をする際には、国土交通省の補助金だけではなくて、市町村の補助金も存在する場合があります。

住宅購入をする際には、不動産業者や住宅メーカーの担当者が、補助金に関して詳しいのであれば問題ないのですが、もし不安な場合は、自分自身で市町村の窓口に確認することも良いと思います。

なぜなら、住宅購入の補助金に関しては、毎年制度が色々と変わるので、住宅会社の担当者も詳しく知らない可能性も多くあります。

ちょっとしたことで、数十万円の補助金を得られるのであれば、ぜひ利用したいものです。

以上、住宅購入の補助金30万のお知らせの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告