住宅購入の贈与で非課税の手続きに興味がある方は、いるでしょうか?

住宅購入をする際には、親からの贈与をしても非課税にすることが可能です。

でも、非課税にするためには、自分で手続きをすることが必要です。

住宅購入をして贈与税を非課税にするためにも、手続きを慎重にしたいものです。

今回は、住宅購入の贈与で非課税の手続きに興味ある?話をします。

住宅購入 贈与 非課税 手続き画像

住宅購入の贈与で非課税の手続きに興味ある?

住宅購入の贈与で非課税の手続きにするには、自分で確定申告をする必要があります。

住宅購入での確定申告については、住宅購入をした際の住宅メーカーでは手続きしてくれません。

贈与税を非課税にするには、自分で忘れないように手続きをする必要があります。

確定申告については、税務署で行いますが、確定申告の時期は税務署が混んでいて大変です。

窓口の方も、確定申告の手続きの処理をするために忙しいので、贈与税を非課税にする詳細な手続きを確認することが難しい場合があります。

住宅購入をする方の多くは、確定申告が初めてだと思いますが、贈与税を非課税にすることも初めての方が殆どです。

確定申告をして贈与税を非課税にする手続きをしないと、住宅購入をしても非課税にすることが出来ない場合もあります。

ですので、確定申告の時期になってから慌てないように、事前に税務署の窓口で住宅購入の贈与税を非課税にする手続きを確認することが大切です。

住宅購入の贈与で非課税の手続きを検討

住宅購入の贈与税を非課税にする手続きについては、事前に税務署で確認することが大切と伝えました。

税務署というのは、平日だけの対応なので、住宅購入をした後で贈与税の非課税にする手続きを知っていても、多くの方は税務署の手続きが後回しになります。

そして、確定申告の時期になって、テレビなどでCMが流れて確定申告を慌ててする場合が多いです。

実は、私も住宅購入をした後に、贈与税の非課税の手続きではなかったのですが、住宅ローンの関係で確定申告が必要でした。

確定申告の終了時期に慌てて手続きをしましたが、書類不備があったりして、何度も税務署に行って大変でした。

職場には、遅刻や早退する必要があるので、住宅購入での税務署の手続きは、大変だと感じたものです。

住宅購入をした後は、色々な手続きで忙しいことが多いです。

でも、贈与税を非課税にする手続きを忘れてしまうと、余計な税金を支払う可能性もあるので、事前に税務署で確認するようにしたいものですね。

以上、住宅購入の贈与で非課税の手続きに興味ある?話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告