ローコスト住宅の間取りが気になる方は、いるでしょうか?

ローコスト住宅と言っても、注文住宅なので間取りは自由に作ることが可能です。

もちろん、ローコスト住宅でスキップフロアや中庭のあるような特殊な間取りは、難しいです。

でも、注文住宅で無難な間取りが良いと思う方には、ローコスト住宅も良いと思います。

今回は、ローコスト住宅の間取りのひとことの話をします。

ローコスト住宅 間取り画像

ローコスト住宅の間取りのひとこと

ローコスト住宅の間取りは、無難な間取りを希望する方には良い選択だと思います。

無難な間取りと言っても、リビングに吹き抜けの間取りを作ることも可能です。

私は注文住宅をメインとする住宅メーカーに勤めていましたが、ローコスト住宅メーカーよりも高い価格帯の住宅メーカーでした。

でも、間取りだけを考えたら、ローコスト住宅の間取りとの違いは殆どないと感じます。

ですので、ローコスト住宅でも、まずは自分の希望する間取りプランを作成して、見積もりをすることが良いと思います。

ローコスト住宅の間取りを検討

ローコスト住宅の間取りは、通常の住宅メーカーの間取りとは変わらないことを伝えました。

では、ローコスト住宅というのは、なぜにローコストな住宅になるのか気になる方も多いと思います。

ローコスト住宅では、利用する建材や住宅設備などを大量受注することでローコストにすることが可能です。

しかも、ローコスト住宅だからと言って、安い建材や住宅設備を利用している訳でもありません。

もちろん、床のフローリングや外壁、屋根などに関して、指定されたものを利用します。

ですので、注文住宅で色々とこだわりのある住宅を建てることを希望する方には、ローコスト住宅は難しいと感じます。

美容院や床屋さんで例えるなら、1000円カットのお店がローコスト住宅のような感じです。

1000円カットでも髪型の指定は可能ですが、複雑なデザインは難しいです。

同様にローコスト住宅でも間取りについて設計が可能ですが、複雑な間取りは難しいと言えます。

でも、ローコスト住宅は間取りに対して色々なこだわりがない方には、良い選択だと思います。

以上、ローコスト住宅の間取りのひとことの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告