住友林業の家の工法が気になる方は、いるでしょうか?

住友林業の家の工法は、他社の住宅メーカーと比較すると独自の工法があることが特徴的です。

特に住友林業の家というと、太い柱の工法のビッグフレーム工法(BF)をイメージする方も多いと思います。

ビッグフレーム工法の住友林業の家は、どうなのでしょうか?

今回は、住友林業の家の工法とは?の話をします。

住友林業 家 工法画像

住友林業の家の工法とは?

住友林業の家を選択する方は、ビッグフレーム工法が気になって住友林業の家を選択する方が多いと思います。

ビッグフレーム工法というのは、ラーメン構造という重量鉄骨造で利用される工法ですが、住友林業の家では木造の工法で実現していることが特徴的です。

ビッグフレーム工法を採用することで、地震への耐震性が強い家が出来ることや、自由な間取りも可能になります。

例えば、木造住宅では壁一面をガラス張りにするような間取りは、構造的に難しい場合が多いです。

でも、住友林業の家であればビッグフレーム工法を採用することで、壁一面をガラス張りにすることが可能になります。

また、車好きの方の多くは、インナーガレージを希望する方が多いのですが、木造住宅でインナーガレージを作る間取りでは、構造の問題で車1台分までしかインナーガレージを作ることが出来ない場合が多いです。

でも、住友林業の家のビッグフレーム工法であれば、車2台分のインナーガレージも作ることが出来るので、車2台分のインナーガレージを希望する方は、住友林業の家のビッグフレーム工法を選択する方が多いと言えます。

住友林業の家の工法を検討

住友林業の家というと、ビッグフレーム工法が気になる方が多いと思いますが、従来の在来工法でもマルチバランス構法と言って、他社の住宅メーカーにはないオリジナルな工法もあります。

住友林業の家のマルチバランス構法は、従来の在来工法を更に進化させた工法だと言えます。

特に住友林業の家のマルチバランス構法では、きづれパネルという耐力壁が特徴的な工法ですが、木造住宅には最適な工法だと思います。

そして、ビッグフレーム工法が必要ではない間取りであれば、マルチバランス工法の方が費用的にもメリットが大きいと感じます。

つまり、間取りに合わせて最適な工法を選択できるのが住友林業の家の特徴だと言えます。

木造住宅の中で工法が選択できるというのは、良い家を作るために大切なポイントです。

このことからも住友林業の家は、確かな技術力がある工法の会社で、大手ハウスメーカーの中でも一流な住宅メーカーだと思います。

以上、住友林業の家の工法とは?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告