一条工務店のルーフバルコニーを検討している方は、いるでしょうか?

ルーフバルコニーは、一条工務店以外のハウスメーカーでも人気があります。

一条工務店では、新築時にオプションを他社のハウスメーカーよりもリーズナブルな価格で設置できる場合が多いですが、ルーフバルコニーに採用したいオススメのオプションがあります。

今回は、一条工務店のルーフバルコニーに採用したいオプションの話をします。

一条工務店 ルーフバルコニーイメージ画像

一条工務店のルーフバルコニーに採用したいオプション

一条工務店のルーフバルコニーに採用したいオプションとしては、デザインルーバーのオプションです。

デザインルーバーというのは、格子のフェンスのことです。

中庭のある住宅では、デザインルーバーを設置して目隠しとして利用する場合が多いですが、一条工務店ではルーフバルコニーにもデザインルーバーを設置できるオプションがあります。

オプション費用としては、20万円以上になりますが、それでも一条工務店のオプションは他のハウスメーカーよりもリーズナブルなので、ルーフバルコニーの間取りを作る方は、ぜひ検討したいオプションです。

一条工務店のルーフバルコニーを検討

一条工務店のルーフバルコニーでデザインルーバーをオススメのオプションとして紹介しました。

でも、一条工務店以外のハウスメーカーも含めて広いルーフバルコニーには注意した方が良いと思います。

なぜなら、広いルーフバルコニーがあると雨漏りのリスクが高くなるからです。

一般的にルーフバルコニーの防水工事は10年毎にする必要があります。

そして、ルーフバルコニーの防水工事は面積で違いますが、100万円近い費用が必要になることもあります。

ルーフバルコニーに屋根を設置すれば雨漏りのリスクを減らすことが出来ますが、一条工務店では一条工務店ルールというものがあり、自由に希望の間取り設計が出来ない場合があります。

もちろん、一条工務店の設計は、建築的に色々と検討してリスクがない住宅を作ります。

これから注文住宅を建てる方の多くは、広いルーフバルコニーでバーベキューやビールを飲んだり、ルーフバルコニーでカフェのようにお茶を飲む場所として利用することを夢見る方も多いですが、実際に生活をしてみると、広いルーフバルコニーは物干し以外に利用することは少ないものです。

一条工務店のルーフバルコニーに採用したいオプションは、外からの目隠しとして、デザインルーバーが良いのですが、そもそも広いルーフバルコニーが必要なのかは、慎重に検討した方が良いと思います。

以上、一条工務店のルーフバルコニーに採用したいオプションの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告