住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

注文住宅 仕様

アイフルホームのセシボSVで満足?

投稿日:

アイフルホームのセシボSVを検討している方は、いるでしょうか?

アイフルホームのセシボには、色々なグレードがありますが、セシボSVはリーズナブルなグレードです。

坪単価40万円ちょっとなので、アイフルホームのローコスト住宅の代表的なグレードとも言えますが、セシボSVの標準仕様で満足できるものでしょうか?

今回は、アイフルホームのセシボSVで満足?の話をします。

アイフル ホーム セシボ sv画像

アイフルホームのセシボSVで満足?

アイフルホームのセシボSVで満足できるかどうかは、人それぞれの価値観によって変わります。

セシボSVの上のグレードは、セシボEXになりますが、こちらは高断熱仕様と色々な住宅設備のグレードがセシボSVよりも上になっています。

ちょっとした部分で、セシボSVよりもセシボEXが良いものになっています。

セシボSVとセシボEXでは、坪単価で約2万円の違いなので、延床30坪であれば約60万円の違いです。

60万円ぐらいの違いであれば、セシボSVよりもグレードが高いセシボEXの方が良いと感じてしまいます。

アイフルホームのセシボSVを検討

アイフルホームのセシボSVの標準仕様として、窓のサッシがアルミという部分がありますが、この部分は気になります。

なぜなら、窓のサッシがアルミだと冬場には結露が発生するからです。

セシボEXでは、窓のサッシが樹脂なので結露は発生しません。

また、セシボEXでは高断熱住宅と同じような断熱材が採用されているので、冬場に部屋の温度が均一で快適な暮らしが出来る標準仕様になっています。

セシボSVとセシボEXが単に住宅設備のグレードの違いであれば、セシボSVでも良いと思います。

でも、セシボSVとセシボEXに断熱材の違いがあり、坪単価2万円ぐらいの差であれば、セシボSVよりもセシボEXの方が遥かに快適に暮らすことが出来ると感じます。

住宅設備の違いに関しては、将来リフォームをすることで改善することが可能なのですが、断熱材の違いというのはリフォームで改善することは大変なことで難しい場合が殆どです。

ですので、アイフルホームのSVとEXでグレードの違いを検討している方は、出来るだけセシボEXを選択することをオススメします。

以上、アイフルホームのセシボSVで満足?の話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-注文住宅 仕様
-, ,

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.