夏が暑いのは、断熱性能の問題? | 住宅購入体験談ブログ

住宅購入体験談ブログ

住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

*

夏が暑いのは、断熱性能の問題?

   

住宅内で夏が暑いのは、断熱性能の問題か気になる方は、いるでしょうか?

実は、住宅内で夏が暑いのは、断熱材の断熱性能の問題だけではなくて、色々な要素が絡んでいます。

もちろん、住宅内で夏が暑い原因として断熱性能は大きなポイントです。

住宅内で夏が暑いのは、断熱材の断熱性能以外に何があるのでしょうか?

今回は、夏が暑いのは、断熱性能の問題? の話をします。

断熱 性能 夏 暑いイメージ画像

夏が暑いのは、断熱性能の問題?

住宅内で夏が暑いのは、断熱性能の問題が大きいことは確かなことです。

住宅で断熱性能というと、壁や床・屋根に使う断熱材を思い浮かべる方が多いですが、それ以外に窓や玄関ドアも断熱性能は重要です。

そして、夏が暑いことを考えると断熱性能が良いだけでなく、エアコンの性能の問題もあります。

高気密高断熱住宅であれば、断熱性能の高い住宅なのでエアコンの台数や処理能力が少なくても大丈夫と想像する方もいます。

でも、高気密高断熱住宅で高い断熱性能の住宅でも、夏が暑く感じないためには適切なエアコン台数と処理能力が必要です。

ですので、住宅内で夏が暑い原因として、断熱材などの断熱性能とエアコン能力の2つの問題が関係しています。

夏が暑い断熱性能を検討

住宅内で夏が暑いのは、断熱材などの断熱性能とエアコン能力と伝えました。

夏の暑さの原因としては、太陽の輻射熱の影響が大きいです。

そして、太陽の輻射熱を1番受ける場所が、住宅の屋根の部分です。

ですので、住宅の屋根の部分に関しては、断熱性能が高い断熱材を選択することがポイントです。

そして、断熱性能のことだけではなくて、輻射熱を遮るシートを設置することも大きなポイントとなります。

多くの高気密高断熱住宅では、屋根の部分に輻射熱を遮るシートと高い断熱性能の断熱材をセットにして、夏の暑さを防ごうとしています。

でも実は、高気密高断熱でもエアコンを運転しないと、夏は暑いものです。

特に屋根下の部分をロフトにした場所は、高気密高断熱住宅でも暑いので、エアコンを設置することが必要になります。

住宅内で夏の暑さを完全に感じない住宅にするのであれば、全館空調システムを設置することで住宅内で夏が暑いことを感じなくすることが出来ると言えます。

住宅内で夏が暑いのは、断熱材の断熱性能だけではなくて、エアコンの空調システムも検討することが大切ですね。

以上、夏が暑いのは、断熱性能の問題? の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


【期間限定】住宅購入に役立つレポート・無料プレゼント中

私が運営している住宅ブログを無料レポートとして、まとめました。


これから住宅購入を検討している方には、必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして無料レポートを確認する

広告