住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

注文住宅 仕様

高気密高断熱の住宅は、湿気が少ないので快適

投稿日:

高気密高断熱の住宅は、湿気が少ないので快適に暮らすことが出来ることを知っている方は、いるでしょうか?

高気密高断熱の住宅では、気密性が良い住宅のために換気システムは本来の性能を発揮することが可能です。

例えば、穴の空いたストローでは水を吸うことが難しいですが、高気密高断熱以外の住宅というのは、穴の空いたストローのような感じです。

高気密高断熱でない住宅で換気システムを運転しても、穴の空いたストローのように本来の換気システムの性能が発揮できません。

でも、気密性が良い高気密高断熱の住宅では、換気システムの性能を発揮して計画的に換気できるので、湿気が少ない快適な部屋にすることが可能です。

今回は、高気密高断熱の住宅は、湿気が少ないので快適の話をします。

高気密高断熱 湿気イメージ画像

高気密高断熱の住宅は、湿気が少ないので快適

高気密高断熱の住宅は、換気システムが効率的に運転することが可能なので、湿気が少ない部屋になっている場合が多いです。

湿気がないことのメリットとして、カビが発生しないことはもちろんですが、虫などの害虫も発生しづらい住宅になります。

実は、人間が快適に感じる湿気の湿度というのは、害虫にとっては不快に感じる湿度と言われています。

つまり、高気密高断熱の住宅で換気システムを運転させて快適に感じる湿度にしておけば、自然と害虫が発生しづらい環境になっています。

高気密高断熱の住宅のメリットとして、エアコンの光熱費が節約できることがありますが、それ以上に害虫が発生しづらいことも大きなメリットだと言えます。

高気密高断熱での湿気を検討

高気密高断熱の住宅では、換気システムが本来の性能を発揮することが可能なので、湿気が少ない部屋にすることが可能なことを伝えました。

高気密高断熱の住宅では、湿気が少ないことは確かなのですが、逆に冬では乾燥しすぎて湿気が少ないことに困る場合もあります。

それは何故かと言うと、換気システムは外からの外気を取り入れています。

冬場は外の外気が乾燥しているので、部屋の中も湿気が少ない乾燥する部屋になる換気システムもあります。

ですので、高気密高断熱の住宅での冬は、湿気が少ない部屋になり、喉の乾きを感じる方が多くいます。

私の自宅も高気密高断熱仕様の住宅ですが、冬場には喉の乾きを感じることが多くありました。

そして、湿気が少ないことを感じて加湿器を常に運転させて、湿気を増やすことをしていました。

最近の高機能な換気システムやエアコンでは、冬場の湿度を調整できるものがあります。

高気密高断熱の住宅を建てるときには、湿気をコントロールできる高機能な換気システムや高機能なエアコンを採用する方が良いと思います。

以上、高気密高断熱の住宅は、湿気が少ないので快適の話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-注文住宅 仕様
-,

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.