新築で結露がひどい住宅が気になる方は、いるでしょうか?

新築だからといって、結露がない住宅という訳ではありません。

新築で結露がひどい住宅は多くあります。

では、どのような住宅が新築で結露がひどいのでしょうか?

今回は、新築で結露がひどい?の話をします。

新築 結露がひどいイメージ画像

新築で結露がひどい?

新築で結露がひどい住宅の1番のポイントは、窓のグレードの問題です。

新築で結露がひどい住宅の多くは、窓のサッシがアルミでシングルガラスです。

アルミというのは熱伝導率が高いので、つまり熱が直ぐに伝わるので、冬の寒い外気がアルミサッシを通して部屋の内側も冷たいサッシになります。

そして、冷たいサッシの部分に結露は発生します。

また、ガラスの部分もシングルの1枚ガラスでは熱が直ぐに伝わるので、外気が冷たさが部屋の内側に直に伝わってしまいます。

新築で結露がひどい住宅というのは、窓の部分がアルミサッシでシングルガラスの住宅なので、一瞬で判断することが可能だと言えます。

新築で結露がひどい?を検討

新築で結露がひどい住宅というのは、賃貸マンションや建売住宅で多く見ることが出来ます。

最近の注文住宅の多くは、窓のガラスは複層ガラスと言って2重になっているのが一般的です。

また窓のサッシの部分もアルミサッシではなくて、熱伝導率が低い、つまり熱が伝わりづらい樹脂サッシというものが一般的です。

樹脂サッシというのは、プラスチックのような感じなので見ただけで判断することが出来ます。

これから新築の住宅を購入する方で、結露がひどい住宅を購入したくない方は、窓を複層ガラスでサッシの部分を樹脂サッシにすることで結露がひどい住宅になる可能性は低くすることが出来ます。

また、玄関ドアの部分にも結露がひどい場合が多くありますが、玄関ドアの断熱性能も北海道で利用するようなグレードの玄関ドアにすることで結露がひどいことはなくなります。

完璧に結露がひどいことにならないようにするためには、新築の壁の断熱材や換気システムも検討することが必要です。

でもそれには費用の問題もあるので、最低限でも窓と玄関ドアをグレードの高いものに採用することで、結露がひどい住宅になる可能性は低くすることが可能です。

新築で結露がひどい住宅にしないように、窓と玄関ドアにはお金を使うことは大切なポイントだと言えます。

以上、新築で結露がひどい?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告