高気密高断熱住宅のエアコン畳数が気になる方は、いるでしょうか?

高気密高断熱住宅を購入した方で、これからエアコンを購入する方は、エアコンの畳数が気になると思います。

木造の畳数か、コンクリートの畳数のどちらにするか迷いますが、高気密高断熱住宅でも木造の畳数にした方が良いと思います。

エアコンの価格差を気にするよりも、快適に暮らすことを優先にした方が結果的にメリットが大きいものです。

今回は、高気密高断熱住宅のエアコン畳数は、木造orコンクリート住宅?の話をします。

高気密高断熱 エアコン 畳数イメージ画像

高気密高断熱住宅のエアコン畳数は、木造orコンクリート住宅?

高気密高断熱住宅で、エアコンの畳数は木造の畳数にした方が良いと思います。

もちろん、コンクリート住宅の畳数にしても良いのですが、木造の畳数に適した畳数にした方が安心です。

高気密高断熱住宅の断熱性能は、コンクリート住宅と変わらないと感じます。

場合によっては、コンクリート住宅よりも断熱性能が高い高気密高断熱住宅も多いと思います。

それでも、エアコンの畳数は余裕をもって少し大きい方が、快適になると言えます。

エアコンの畳数でエアコンの価格は多少変わりますが、快適に暮らすことを考えたら大した事ない価格差と感じるものです。

高気密高断熱住宅のエアコン畳数を検討

高気密高断熱住宅のエアコン畳数は、木造の畳数に合わせた方が良いことを伝えました。

高気密高断熱住宅は、断熱性能が高いのでエアコンの効きは良いのですが、エアコンを運転しないと快適になりません。

つまり、エアコンを運転することは高気密高断熱住宅でも必須なことです。

エアコンの畳数を木造の畳数に合わせることで、エアコン性能を余裕を持って発揮できます。

高気密高断熱では、エアコンの畳数を木造の畳数に合わせる方が良いと思いますよ。

以上、高気密高断熱住宅のエアコン畳数は、木造orコンクリート住宅?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告