これから注文住宅を建てる方は
高断熱住宅というものが気になると思います。

冬でも温かく夏では涼しいという宣伝がありますが
実はそれはエアコンをつけての話です。

それでも高断熱住宅というのは良いものだと思いますが
高断熱住宅にはどのようなデメリットがあるでしょうか。

今回は、高断熱住宅デメリットの話をします。

高断熱住宅 デメリット画像

高断熱住宅デメリット

高断熱住宅というものは
色々な住宅メーカーで力を入れています。

南極でも対応できる家というものがあります。
そこまで高断熱住宅は必要ないと感じますが
高断熱住宅というのは良いと思います。

高断熱住宅だからと言って
エアコンなしでも温かく涼しいというものではありません。

高断熱住宅というのは
エアコンの効きが通常の家よりも良いので
光熱費を節約できるというものです。

メリットが大きい高断熱住宅ですが
高断熱住宅にはどのようなデメリットがあるでしょうか?

高断熱住宅デメリットを検討

高断熱住宅のデメリットは費用が高いということです。

住宅の仕様の違いで一番費用が変わるのが
実は断熱材の違いです。

普通の断熱材から高断熱住宅に変更することで
坪単価が30万円も変わる場合があります。

延床が30坪の住宅だと900万円も変わるので
大きいですよね。

高断熱住宅というのは憧れるものです。

以上、高断熱住宅デメリットの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告