屋根材の種類が気になる方は、いるでしょうか。

屋根材の種類には色々な種類がありますが、デザイン重視だと洋瓦が良いと思う方が多いです。

でも、耐震性を考えると軽いガルバの屋根が良いと、屋根材の種類は気になると色々と迷ってしまいます。

どの屋根材が1番良いのでしょうか?

今回は、屋根材の種類が気になる?の話をします。

屋根材 種類イメージ画像

屋根材の種類が気になる?

屋根材の種類は、一度気になると色々と気になってしまうものです。

なぜなら、完璧な屋根材というのは存在しないからです。

屋根材は、大きく分けると瓦とスレートとガルバに分けることが出来ます。

瓦の屋根材は、デザイン性と耐久性に優れていますが、重量が重いので耐震性は良くありません。

ですので、重い屋根材よりも軽い屋根材の方が耐震性は良いので、金属のガルバの屋根材を選ぶ方が良いと考えます。

でも、金属のガルバの屋根材は、サビの腐食のデメリットやデザイン性の面から考えるとあまり良くないです。

瓦とガルバの中間の屋根材としてスレートと呼ばれるコンクリート状の屋根材があります。

でも、スレートの屋根材も塗料のメンテナンスが必要なので、完璧ではありません。

結局、どの屋根材でも一長一短あるので、屋根材の種類を選択することは難しいと言えます。

屋根材の種類を検討

どの屋根材の種類でも、メリットとデメリットがあることを伝えました。

耐震性を考えないのであれば、瓦屋根が1番良い屋根材の種類です。

耐震性だけを考えるなら、ガルバの屋根材の種類です。

私が自宅を建てるときにも、屋根材の種類を検討しましたが、瓦とガルバの間を取ってスレートの屋根材の種類にしました。

昔の戸建住宅は、瓦の屋根材の種類が一般的でしたが、最近の戸建住宅ではスレートの屋根材の種類が多くなっています。

屋根材の種類を検討する上で迷ったときには、多くの方が選択している屋根材の種類の方が安全と感じました。

これから住宅購入をする方で屋根材の種類が気になる場合は、屋根材の種類のメリットとデメリットと比較検討して、屋根材の種類を選択することが良いと思いますよ。

以上、屋根材の種類が気になる?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告