zeh住宅の義務化が気になる方は、いるでしょうか?

zeh住宅というのは、ゼロエネルギー住宅の略ですが、国の方針としてzeh住宅を義務化するような話があります。

でも、高性能な住宅のzeh住宅を義務化することは良いと感じますが、その分建築費用が高くなることがネックです。

zeh住宅にすると補助金を貰えますが、年々補助金の額は減っています。

これで、本当にzeh住宅を義務化することになるのでしょうか。

今回は、zeh住宅の義務化って本当?の話をします。

zeh 義務化イメージ画像

zeh住宅の義務化って本当?

zeh住宅の義務化には、大きな壁があると感じます。

それは、zeh住宅を建てるための費用の問題です。

zeh住宅は、毎月の光熱費をゼロにするために太陽光パネルの設置や高気密高断熱住宅にすることが必要です。

でも、このような住宅の仕様にするには300万円以上の費用が必要になります。

現在のzeh住宅の補助金は、全国一律75万円となっていますが、義務化するためには全然足りないというのは本音です。

国がzeh住宅を義務化を本当に考えているなら、300万円以上の補助金を負担することが必要だと言えますね。

zeh住宅の義務化を検討

zeh住宅の義務化には、費用の問題があることを伝えました。

そして、本当に国がzeh住宅を義務化するのであれば、300万円以上の補助金を負担することを伝えました。

zeh住宅の補助金は、以前は300万円ぐらいあったのですが、年々補助金の額が減っています。

300万円の補助金が75万円に減っているのに、国がzeh住宅を義務化することに本気だとは考えられません。

zeh住宅の政策が出来る前は、エコ住宅の政策がありましたが、住宅というのは、人生で一番高価な買い物であり国の景気を大きく左右するものでもあります。

ですので、住宅については政治的に色々な政策が作られています。

耐震性能やシロアリ対策などについては、建築基準法で義務化がされていますが、安全に暮らすために必須なものだと感じます。

でも、zeh住宅のゼロ・エネルギーという部分については、建築費用がまだまだ高額になるので、義務化については将来的なものだと思いますね。

ちなみに、下記のサイトでは、無料で複数の住宅メーカーにZEH住宅の見積もりが出来るのでオススメですよ。

⇒こちらをクリックして、ZEH住宅の資料を請求!

以上、zeh住宅の義務化って本当?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告