住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

住み心地

新築住宅が寒い理由

更新日:

新築住宅が寒い理由が気になる方は、いるでしょうか?

新築住宅というのは、入居直後は寒い場合が多いです。

冬の高気密高断熱住宅でも新築住宅で住み始めたときには、ヒンヤリと寒い感じがあります。

その理由として、新築住宅では今まで人が住んでいない状況だったからです。

そして、新築住宅で暖房を運転しても、しばらくは断熱材が熱を吸収するので、住み始めた頃は寒い感じになってしまいます。

今回は、新築住宅が寒い理由の話をします。

新築 寒い 理由イメージ画像

新築住宅が寒い理由

新築住宅が寒い理由としては、今まで人が住んでいないことと、暖房を運転しても断熱材が熱を吸収するために新築住宅が寒いことになります。

新築住宅が寒い場合でも、一度エアコン暖房を24時間運転すれば、部屋は暖かい部屋になります。

私が住宅メーカーに勤めていたときには、高気密高断熱住宅を体験宿泊する施設がありました。

冬に体験宿泊する方が訪れる前には、前日にエアコン暖房を24時間運転しておかないと寒い感じになってしまいます。

体験宿泊する方に、冬の高気密高断熱住宅で寒いと誤解を与えたら大変なので、事前準備は大切なことでした。

また、新築住宅のように長い間人が住んでいない住宅というのは暖房を運転しても、しばらくは寒い感じるなることも注意が必要です。

新築住宅が寒い理由を検討

新築住宅で寒いと感じても、暖房を運転して住み始めることで断熱材や木材が熱を吸収して寒くない暖かい部屋になってきます。

もちろん、長期不在にすると再び寒い住宅になります。

高気密高断熱住宅の新築住宅を建てた方で冬に入居した方は、高気密高断熱住宅なのに寒いと感じてしまう場合がありますが、断熱材が熱を吸収するまで部屋が暖かい感じにならないので注意が必要です。

高気密高断熱住宅の新築住宅を建てたのに寒いと誤解してしまったら、悲しいことですよね。

これから冬に新築住宅に入居する方は、新築住宅が寒いと思わないように24時間暖房を運転してから入居することをオススメします。

以上、新築住宅が寒い理由の話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-住み心地
-, ,

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.