良い土地の条件が気になる方は、いるでしょうか。

良い土地の条件を大きく分けると、下記の7項目になると思います。

  1. 生活に便利な立地
  2. 通勤・通学へのアクセス
  3. 土地の形状
  4. 日当たり
  5. 接道の道幅
  6. 周りの住環境
  7. 駐車スペースの確保

これから上記の詳細について、詳しく解説したいと思います。

今回は、良い土地の条件の7項目とは?の話をします。

良い土地 条件イメージ画像

良い土地の条件・生活に便利な立地とは?

良い土地の条件として、生活に便利な立地は大切ですね。

例えば、生活するためにはスーパーが必要ですが、最寄りにスーパーがなくて電車に乗ってスーパーに買い物に行くとしたら大変ですよね。

毎日の食材の買い物で電車に乗って買い物に行くことは大変です。

洋服や雑貨などについては、電車で買い物に行くことは良いと思いますが、生活のための食材は地元で買えることが良い土地の条件と言えますね。

良い土地の条件・通勤通学へのアクセス

通勤通学へのアクセスが良いことも、良い土地の条件ですよね。

どんなに良い土地でも、通勤に3時間掛かる土地なら現実的には仕事を継続することが出来ないです。

学生の通学であれば、片道2時間というのも可能ですが、仕事での通勤に関しては片道1時間以内の場所でないと、通勤へのストレスを感じます。

都心では通勤1時間以内の場所は、東京駅から半径30km以内です。

東京なら八王子・町田、埼玉なら大宮、千葉なら柏・幕張、神奈川なら横浜・藤沢などになりますね。

もちろん通勤1時間以内というのは、最寄り駅からではなくて自宅から会社までの時間です。

良い土地の条件・土地の形状

土地を初めて購入する方の多くは、あまり知らないと思いますが、土地の形状も良い土地の条件としてあります。

土地の形状が良い土地というのは、正方形や長方形の土地のことを言います。

逆にあまり良くない土地の形状としては、旗竿地と言って接道の部分が細長い通路になっている土地です。

旗竿地のような土地では、建物を工事をするときに荷物の搬入が大変になります。

リフォームするときにも工事が大変になる場合があるので、なるべくなら正方形や長方形の形の土地を購入したいですね。

良い土地の条件・日当たり

日当たりに関しては、良い土地の条件として考えている方は最も多いですよね。

土地探しでは、南道路の土地を探す方が多いですが、実は北側道路の土地でも日当たりが良い土地があります。

南道路よりも北側道路の土地のほうが安く、北側道路は探している人が少ないために良い土地が見つかる可能性が高いです。

南道路に関しては、探している方が多いので高くて、良い土地が残っていない場合が多いです。

日当たりが良い土地は、南道路の土地だけではないことを知っておいた方が良いですよ。

良い土地の条件・接道の幅員

良い土地の条件として接道の幅員というものがあります。

分譲地では土地の前に接している道路の幅が広い方が良いと考える方がいますが、接道の幅員が広いと住居者以外の車も通る可能性があり、車の抜け道になる場合があるので注意が必要です。

私の自宅の接道の幅員は4.6mですが、広くもなく狭くもなくて丁度よい道路の幅だと感じています。

また、住居者以外の車の往来もないので、安心して暮らすことが出来ています。

良い土地の条件・周りの住環境

周りの住環境も良い土地の条件としと良いと考える方がいますが、夏になると池がある公園では虫が発生する場合があるので注意が必要です。

土地探しをするときには、その時のて必要ですよね。

例えば、池がある公園が近くにある季節だけで検討して購入するのですが、春夏秋冬すべての季節を検討することが良いと思います。

周りの住環境に関しては、住んでから気づくことも多いので可能であれば、ご近所の方に生活して苦労することがないか確認した方が良いですね。

雨が降ると、道路が冠水するような場所の土地を購入したら大変です。

良い土地の条件・駐車スペースの確保

自家用車の駐車スペースを確保出来ることも良い土地の条件です。

土地探しをしていて理想な土地を見つけることが出来ないことが長く続くと、自家用車の駐車スペースがない土地を購入してしまう方もいます。

例えば、旗竿地の変形地を購入すると車の駐車スペースがない土地もあります。

車を所有していないから駐車スペースがなくても良いと考える方もいますが、将来車を所有したいときには面倒なことになるので、なるべくなら自宅に駐車スペースを確保できる方が良いと思います。

自宅に駐車スペースがないと、近所に月極駐車場を借りる方法もありますが、買い物をしたときのことを考えると、自宅前に駐車スペースがある方が便利なことは当然ですよね。

良い土地の条件を検討

良い土地の条件として7項目を伝えました。

全ての項目を叶える土地は、難しいと感じる場合が多いのですが、諦めずに探し続けることで実際に見つけることが出来る土地です。

一生に一度の土地購入で後悔したら大変ですよね。

建物で後悔したらリフォームが出来ますが、土地というものはリフォーム出来ないので、良い土地の条件の7項目をクリアする土地を探すようにしたいものです。

※追伸

ネットに掲載されている不動産情報は全体の2割しかないことを知っていますか?
本当に良い土地はネットに掲載される前に成約しています。

良い土地に巡りあうには不動産情報提供サービスで
未公開情報を入手することがポインです。

不動産情報提供サービスは無料で利用できるサービスなので
100万人以上が利用している人気サイトです。
個人情報も安全で安心して利用できます。

⇒詳細はこちらをクリックです。
(今なら限定で不動産購入に役立つガイドを無料プレゼント中)

以上、良い土地の条件の7項目とは?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告