これから注文住宅を建てる方の殆どは、土地探しから始めると思います。

注文住宅というのは、土地を決めてから建物を建てるので、注文住宅の建物に予算を使うか、それとも注文住宅の建物に予算をあまり使わないで、土地の予算を優先的にすることが出来ます。

私が住宅メーカーに勤めていた経験から言うと、土地の予算を優先的にした方が、結果的に満足する注文住宅購入が出来ると感じます。

今回は、注文住宅は、土地の予算を優先にした方が良い話をします。

注文住宅 予算 土地イメージ画像

注文住宅は、土地の予算を優先にした方が良い

注文住宅は、土地の予算を優先的にした方が良いと思います。

なぜなら、注文住宅の建物というのは年月が経過することで資産価値がなくなっていくからです。

私が住宅メーカーに勤めていたときに、300万円ぐらいの駅から離れた安い土地を購入して、2000万円ぐらいの注文住宅を建てる方がいました。

注文住宅を建てるときには、素敵な注文住宅で満足するとは思いますが、実際に生活をすると駅から遠い土地で不便を感じます。

もちろん、人それぞれの価値観があるので、駅から離れた土地でも良いという考えもありますが、もし注文住宅を売却するときには苦労をします。

基本的に注文住宅を売却するときには、土地周りの住宅の相場に合わせることが多いです。

注文住宅でも建売住宅でも同じ価格になる場合があります。

それであれば、注文住宅の建物の予算を優先するよりも、土地の予算を優先的にして注文住宅を売却するときにも苦労しない選択をした方が安心だと思います。

また、注文住宅というのは、建てるときには後悔しないようにと色々な住宅設備をオプションで選ぶ方がいますが、実際に生活をしてみると飽きる場合や不要に感じる場合があります。

もし、不足があればリフォームすれば注文住宅の建物の不満は解消できる場合が多いのですが、土地というのは変更することが出来ないので、注文住宅の建物よりも土地の予算を優先的にした方が良いと改めて思います。

注文住宅での土地の予算を検討

注文住宅での土地の予算の比率として、半分半分ぐらいにする方が一般的です。

例えば、土地が3千万円であれば建物の3千万円の注文住宅を建てることになります。

土地と建物で合計6千万円の予算になりますが、土地を1千万円で建物を5千万円にすることも不自然ですし、土地を5千万円で建物を1千万円にすることも周りの住宅との関係で不自然に感じて後悔する場合があります。

それでも、建物と土地での予算配分に悩んだら、土地の予算を優先に考えた方が満足する注文住宅が出来ると思います。

つまり、注文住宅の土地探しをしていて、予算よりも高めの土地が見つかって欲しい場合は、注文住宅の建物の予算を削ってでも土地を購入した方が良いです。

注文住宅は、土地の予算を優先にした方が将来的にも後悔することがなくて、良いと思いますよ。

以上、注文住宅は、土地の予算を優先にした方が良い話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告