スウェーデンハウスのトイレが気になる方は、いるでしょうか?

スウェーデンハウスは、窓のサッシやベランダなどに実際の木材を利用している住宅メーカーですが、トイレでも特徴があると感じる方は多いと思います。

スウェーデンハウスのトイレは、どのような感じになるのでしょうか。

今回は、スウェーデンハウスのトイレは、どう?の話をします。

スウェーデンハウス トイレイメージ画像

スウェーデンハウスのトイレは、どう?

スウェーデンハウスのトイレですが、トイレについては他の住宅メーカーと変わらないと言えます。

もちろん、スウェーデンハウスのトイレでは、トイレの壁をパイン材の腰壁にする方も多いですが、クロスだけの内装にするトイレの方も多いです。

スウェーデンハウスでは、パイン材の腰壁をリビングやダイニングでは採用をする方が多いですが、全ての部屋にパイン材の腰壁を採用をすると、変化がなく重い感じもあります。

トイレの部分もパイン材の腰壁を採用することも良いとは思いますが、あとは好みの問題だと思いますね。

スウェーデンハウスのトイレは、他のハウスメーカーと同じ

スウェーデンハウスのトイレについては、他のハウスメーカーと同じことを伝えました。

スウェーデンハウスは、北欧の輸入住宅のハウスメーカーですが、水回りに関しては日本のメーカーの品質の方が良いことは確かですね。

海外旅行で海外のホテルに滞在すると、日本の水回りの方が品質が良いと感じる方は多いと思います。

水回りの部分は住宅の中でも大切な部分です。

水回りというのは、毎日利用するので劣化しやすいこともありますが、水を利用しているので万が一故障したら大変なことになります。

そういう意味でも、トイレでも信頼できる高品質の日本のメーカーが良いと感じます。

スウェーデンハウスのトイレを検討

私の考えですが、スウェーデンハウスのトイレは、パイン材の腰壁を採用するよりもクロスだけの壁にした方がシンプルで良いと感じます。

他の住宅メーカーでもトイレは、クロスだけの壁が一般的ですが、クロス壁の方が掃除がしやすくて便利だと思います。

また、トイレという場所は、1畳の広さが一般的で広い場所ではありません。

そのような場所では、白い壁と白い天井にした方が部屋が広く感じることが可能です。

なぜなら、白という色は膨張色なので同じ広さでも白色の方が広く感じます。

スウェーデンハウスでパイン材の腰壁を採用すると、トイレの空間が狭く感じる場合があるので、1畳のトイレにする方でパイン材の腰壁を採用する方は、注意した方が良いと思います。

以上、スウェーデンハウスのトイレは、どう?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告