スウェーデンハウスの内装が気になる方は、いるでしょうか。

スウェーデンハウスというと、木製サッシや木製ドアと木を利用するイメージがありますが、内容に関しても木を利用する場合があります。

スウェーデンハウスの内装では、壁や天井を全てパイン材にすることも可能ですが、内装的にどうなのでしょうか。

今回は、スウェーデンハウスの内装は、どうする?の話をします。

スウェーデンハウス 内装イメージ画像

スウェーデンハウスの内装は、どうする?

スウェーデンハウスの内装では、木の温もりを出そうと考えて、天井や壁を全てパイン材にする方も多いです。

最近の住宅の内装では壁や天井には、ビニールクロスを利用することが一般的です。

ビニールクロスでは、安っぽいとか木の温もりを感じたいという方は、スウェーデンハウスの内装で壁や天井をパイン材にする方もいますが、天井や壁をパイン材を利用すると重い感じの内装になるので注意が必要です。

特に狭い空間の部屋で天井や壁をパイン材を利用すると、圧迫感を感じる場合もあります。

最近の住宅の内装では、天井や壁は白いビニールクロスを利用することが多いですが、白という色は膨張色なので同じ広さの部屋でも天井や壁を白色にすることで広く感じることが出来ます。

部屋の広さが6畳ぐらいの部屋の大きさであれば、天井や壁の内装に関してはパイン材を利用しないで白いクロスを利用した方が良いと思いますね。

スウェーデンハウスの内装を検討

スウェーデンハウスの内装では、天井や壁をパイン材を利用する方が多いことと、狭い部屋の内装では天井や壁は白いクロスを利用することをオススメなことを伝えました。

リビングでは、天井や壁をパイン材を利用することは、良いと思いますが、人によっては好き嫌いがあるので慎重にした方が良いと思います。

そして、スウェーデンハウスの内装で天井や壁のパイン材にしても、しばらく住んでいると飽きてしまい、やはり白いビニールクロスにした方が良かったと感じる方も多いです。

また、天井や壁の内装に関しては、住宅を建てるときには色々と気になる方もいますが、住宅が建てた後には気にならない方も多いですね。

ですので、スウェーデンハウスでも内装に関しては、スウェーデンハウスらしさを強調しないで、無難なクロスの天井や壁の方が良いと個人的には感じます。

スウェーデンハウスでは、外観だけで充分木の温もりを感じる住宅なので、内装に関しては木の温もりを感じないアプローチもあると思いますよ。

以上、スウェーデンハウスの内装は、どうする?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告