高気密高断熱住宅の24時間換気は、寒いと思う方はいるでしょうか?

最近の住宅では、24時間換気が建築基準法で義務付けられていますが、冬場の高気密高断熱住宅で24時間換気は、寒いと感じる方もいます。

なぜなら、高気密高断熱住宅で24時間換気の部分に手を当ててみると、結構な勢いで風が入ってくるからです。

扇風機を販売している量販店では、扇風機にビニールの紐を付けて風が吹いているのを表現していますが、高気密高断熱住宅の24時間換気でも、紐がなびくほど風が入ります。

では、高気密高断熱住宅の24時間換気は寒いのでしょうか?

今回は、高気密高断熱住宅の24時間換気は、寒い?話をします。

高気密高断熱 24時間換気 寒いイメージ画像

高気密高断熱住宅の24時間換気は、寒い?

冬場の高気密高断熱住宅の24時間換気の部分は、手を当ててみると寒いですが、部屋が寒いということはありません。

高気密高断熱住宅では、計画換気と言われていますが、24時間換気で計画的に換気をしているので、外部から新鮮な空気が入るバランスと部屋内の暖房の熱が丁度よいバランスになっています。

24時間換気を止めた方が寒い感じがなくて、更に暖かくなるのでは?と思う方もいますが、実際に高気密高断熱住宅で24時間換気の部分を塞いでみても、あまり暖かさに変化がありません。

逆に高気密高断熱住宅の24時間換気を寒いからと塞いでしまうと、カビが発生する可能性が高くなるので注意が必要です。

高気密高断熱住宅の24時間換気で寒いを検討

高気密高断熱住宅の24時間換気は、換気の部分に手を当ててみると寒いですが、部屋全体としては寒くないのが不思議です。

全熱交換型の24時間換気を設置すると、外部から寒い風が入らなくなりますが、そのようなものを導入しなくても高気密高断熱住宅では、普通の24時間換気でも寒いことはないと思います。

でも、高気密高断熱住宅では気密性が高いので、24時間換気の部分から勢い良く風が入ります。

高気密高断熱でない住宅での24時間換気では、このように勢い良く風が入ることはあまりありません。

なぜなら、高気密高断熱でない住宅では24時間換気以外の部分にも隙間が多いので、そちらからも風が入るからです。

水を吸うときのストローの途中に穴が空いていると水を吸うことができませんが、高気密高断熱の住宅というのは、24時間換気が理想的な条件で運転することが出来るものです。

高気密高断熱住宅の24時間換気の部分は寒いと思って塞がないことは、大切なポイントです。

以上、高気密高断熱住宅の24時間換気は、寒い?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告