注文住宅の打ち合わせ内容とは? | 住宅購入体験談ブログ

住宅購入体験談ブログ

住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

*

注文住宅の打ち合わせ内容とは?

   

注文住宅の打ち合わせ内容が気になる方は、いるでしょうか。

これから注文住宅を建てる方は、打ち合わせでどのような話をするのか、内容が気になると思います。

打ち合わせ内容で面倒に感じる方は、建売住宅を購入した方が良い場合もあります。

今回は、注文住宅の打ち合わせ内容とは?の話をします。

注文住宅 打ち合わせ 内容イメージ画像

注文住宅の打ち合わせ内容とは?

注文住宅の打ち合わせ内容と言うのは、注文住宅の間取りや外観、床やコンセント位置など注文住宅を建てるための全てのことを決める打ち合わせ内容です。

一般的に注文住宅の打ち合わせは、10回以上必要になりますが、打ち合わせ時間も長く土日のどちらかは、打ち合わせで丸一日潰れる生活が3ヶ月ぐらい続くイメージです。

ですので、直ぐに転居して住みたいという方や、打ち合わせする時間が取れないという方は、注文住宅よりも建売住宅の方がオススメです。

注文住宅を建てると決まると、半年ぐらいは全て注文住宅の購入のために時間を使います。

そして、打ち合わせ内容のために平日も色々と検討して、休日の打ち合わせ内容に備えるので、仕事が忙しい方にとっては、注文住宅を購入することは大変面倒な作業です。

ご主人が仕事で忙しい家族の場合、注文住宅の打ち合わせは奥様だけで打ち合わせをする場合もあるのですが、やはり色々なことを決める必要があるので、最終的にはご主人も打ち合わせに参加することになります。

フル注文住宅の打ち合わせ内容では、部屋のコンセント位置からコンセント位置の高さ、キッチンの高さを数センチ単位で決めたり、打ち合わせで確認する内容は100以上ある場合もあります。

奥様だけで全て決めることは大変に感じる方が多いのは、当然のことだと感じます。

注文住宅の打ち合わせ内容を検討

注文住宅の打ち合わせ内容は、住宅が完成するための全ての材料や色などを決める内容です。

注文住宅の打ち合わせが終わる頃には、ダンボール箱いっぱいの住宅を建てるためのカタログでいっぱいになるものです。

また、注文住宅を建てるためには、打ち合わせ回数が10回j以上あるので、時間が掛かることは当然のことですね。

ただし、注文住宅とは言っても、リーズナブルな価格で提供する規格住宅と呼ばれるものであれば、間取りや仕様は既に決まっている中から選ぶので、注文住宅とは言っても打ち合わせ内容は簡略化されています。

それでも、注文住宅を建てるためには、数回以上の打ち合わせが必要になるので、打ち合わせ内容が面倒に感じる方は、注文住宅よりも建売住宅の方が良いと感じます。

もちろん、建売住宅を検討していた方でも、希望する土地の関係で注文住宅を建てる方も多くいます。

初めは注文住宅を建てることなんて考えていなかったけれど、注文住宅を建てて良かったと満足している方も多いです。

注文住宅の打ち合わせ内容は、難しいことをする訳ではないので、建売住宅を検討している方でも安心して頂いて大丈夫です。

注文住宅を建てる経験から、住宅に興味を持つようになって、インテリアコーディネーターや建築士になった奥様の数多くいますが、注文住宅の打ち合わせは、自分の理想のために作るための住宅なので、とても楽しい作業なんですよ。

以上、注文住宅の打ち合わせ内容とは?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


【期間限定】住宅購入に役立つレポート・無料プレゼント中

私が運営している住宅ブログを無料レポートとして、まとめました。


これから住宅購入を検討している方には、必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして無料レポートを確認する

広告