家を建てるまでにかかるお金が気になる方は、いるでしょうか?

自己資金がない方でフルローンで家を建てる方もいますが、ある程度の手持ちのお金がないと家を建てることは出来ません。

なぜなら、住宅ローンのお金が降りるのは家が完成した後ですが、一般的な住宅メーカーでは家を建てる前に工事代金の一部を支払う必要があります。

家を建てるまでにかかるお金は、どれくらいのなのでしょうか。

今回は、家を建てるまでにかかるお金の話をします。

家を建てるまでにかかるお金イメージ画像

家を建てるまでにかかるお金

家を建てる方の多くは、土地も購入しますが、土地に関しては住宅ローンが直ぐに降りますが、家の建物のお金に関しては家が完成した後に受け取ることが出来ます。

そして、多くの住宅メーカーでは、工事着工時と上棟時(柱の骨組みが完成時)と完成時と建物費用を3分割にして支払う必要があります。

ですので、手持ちのお金がなくて、フルローンで家を建てることを検討している方でも、事前に建物費用の2/3のお金を事前に用意しておく必要があります。

例えば、建物費用が3千万円であれば、2千万円のお金が住宅ローンとは別に必要です。

もし、そのようなお金がないという方は、つなぎ融資を利用して建物が完成時までのローンをする必要があります。

私が住宅メーカーに勤めていたときには自己資金のお金がなくて、つなぎ融資を利用してフルローンで家を建てる方は少なかったです。

つなぎ融資をすると手続きや金利が高いということもあるので、フルローンで家を購入することを検討している方は、注文住宅よりも既に完成している家を購入する建売住宅を購入した方が良いかもしれませんね。

家を建てるまでにかかるお金を検討

実は、家を建てるまでにかかるお金は、建物の工事代金以外にも色々とあります。

土地を購入するときには、土地の費用は住宅ローンで降りますが、土地を登記するための司法書士に依頼する20~30万円ぐらいの手続き費用が必要です。

また、土地を購入するときには、手付金を支払うことが必要ですが、一般的には100万円以上の手付金を支払います。

ですので、自己資金のお金がない方でフルローンで家を建てることを検討している方は、色々と大変だと言えますね。

つなぎ融資を利用することを考えている方でも、200万円ぐらいのお金を自己資金として用意して置くことが必要です。

家を建てるまでにかかるお金は、建物費用の2/3を用意して置くことが必要ですが、フルローンを検討している方でも200万円ぐらいのお金を用意しておくと安心ですよ。

以上、家を建てるまでにかかるお金の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告