吹き抜けの間取りは、寒くて後悔するのでやめましょう | 住宅購入体験談ブログ

住宅購入体験談ブログ

住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

*

吹き抜けの間取りは、寒くて後悔するのでやめましょう

   

吹き抜けの間取りが気になる方は、多いと思います。

最近の注文住宅では、リビングに吹き抜けの間取りを希望する方が多いですね。

建売住宅でもリビングに吹き抜けのある間取りが多いのですが、吹き抜けの間取りは、寒くて後悔する可能性が高いのでやめた方が良いと思います。

今回は、吹き抜けの間取りは、寒くて後悔するのでやめましょうの話をします。

吹き抜け 寒い 後悔イメージ画像

吹き抜けの間取りは、寒くて後悔するのでやめましょう

吹き抜けの間取りについて、寒くて後悔するのでやめましょうと伝えましたが、これから注文住宅を建てる方には、夢を潰すような意見で申し訳ありません。

でも、吹き抜けの間取りの注文住宅に住んでから後悔することは、もっと悲しいことです。

他の記事(⇒注文住宅の間取りで中庭と吹き抜けは止めた方が無難)で吹き抜けの間取りについて書いていますが、私も自宅を建てるときには、リビングに吹き抜けの間取りを希望しましたが、大工さんや現場監督に後悔することを言われて吹き抜けの間取りはやめました。

吹き抜けの間取りをやめたことで後悔することはありませんし、思い起こすと以前に賃貸住宅でロフト付きの部屋に住んでいたことを想い出しました。

ロフトの部屋は吹き抜けの間取りと同じように天井が高い部屋です。

夏は熱い空気が上に行くので、ロフトで過ごすことは出来ません。

逆に冬は、エアコンで温めた空気が上に行くので、ロフトは暖かく快適ですが、下のフロアは寒くて大変でした。

これと同様なことが吹き抜けの間取りでは発生します。

つまり、吹き抜けの間取りというのは、冬は寒いことが後悔することの原因となります。

吹き抜けの間取り後悔を検討

吹き抜けの間取りは、冬が寒いことで後悔することを伝えましたが、寒さ対策として吹き抜けの間取りでは天井に扇風機のようなシーリングファンを設置する場合が多いですね。

冬では天井の部分に暖かい空気が貯まるので、シーリングファンで空気を循環させることをします。

私の自宅にもシーリングファンを設置していますが、シーリングファンを利用することで部屋の上部と下部では温度差がない均一な温度になるので良いと思います。

でも、吹き抜けの間取りについて冷静に検討してみると、吹き抜けの間取りというのは明るいというメリット以外に何もないことに気づきます。

つまり、吹き抜けのない間取りでもリビングが明るいのであれば、吹き抜けの間取りをすることに意味がないということです。

私の自宅でもリビングは南西向きで明るいリビングになっています。

吹き抜けの間取りにしたら、逆に夏は暑くて大変なことになって後悔したと思います。

吹き抜けの間取りを積極的に取り入れた方が良い住宅というのは、北側道路の土地で他の住宅も密集していてリビングの日当たりを確保することが難しい住宅に適している間取りだと言えます。

吹き抜けの間取りは、寒くて後悔するだけでなく夏は暑くて後悔したり、吹き抜けの部分を部屋に利用した方が良かったなど色々なことで後悔する可能性があるものです。

かと言って、注文住宅で吹き抜けの間取りに憧れている方に、吹き抜けの間取りは後悔するのでやめましょうというのも、酷なことだとも感じています。

ですので、どうしても吹き抜けの間取りに憧れがある方は、将来吹き抜けの部分をリファームで簡単に塞ぐことが出来るような間取りにしておけば、吹き抜けの間取りにして後悔してもリスクを最小限にすることが出来ると思います。

以上、吹き抜けの間取りは、寒くて後悔するのでやめましょうの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


【期間限定】住宅購入に役立つレポート・無料プレゼント中

私が運営している住宅ブログを無料レポートとして、まとめました。


これから住宅購入を検討している方には、必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして無料レポートを確認する

広告