吹き抜けのある家に憧れる方は、多いと思います。

明るくて解放感を感じる吹き抜けのリビングは、これから住宅購入を考えている方には、憧れの間取りだと思います。

でも、吹き抜けのある家の実際に生活して感じる現実を知っていることは、大切なことですよね。

吹き抜けのある家の理想だけで吹き抜けのある間取りを憧れてしまうと後悔する可能性が高いですよ

今回は、吹き抜けある家の理想と現実の話をします。

吹き抜けある家イメージ画像

吹き抜けある家の理想と現実

吹き抜けのある家は、明るくて解放感を感じることが現実としてあります。

理想通りの解放感と明るさを吹き抜けのある家で感じることが出来ます。

でも、その変わりに夏は熱くて冬は寒いという吹き抜けの家のデメリットも感じることになります。

吹き抜けのある家の夏は、エアコンを運転しても吹き抜けの上の部分に熱気が貯まり、また吹き抜けの部分の空間が広いので、エアコンを動作させても涼しさを感じるには時間が掛かります。

吹き抜けのある家では、吹き抜けの部分にシーリングファンという天井に設置する扇風機のようなものを付ける方が多いですが、吹き抜けのある家ではシーリングファンは必須の設備だと言えますね。

また、冬も同様に吹き抜けのある家では、暖房の熱気が上に溜まるので部屋が寒いと感じる場合が殆どです。

シーリングファンで上に溜まった熱気を掻き回すことをしますが、吹き抜けのある家では吹き抜けの部分も含めて冷暖房をすることになるので、冷房効果を感じるために光熱費が余計に多く必要になると言えますね。

吹き抜けある家を検討

吹き抜けのある家を憧れる方の気持ちは分かりますが、実際に吹き抜けのある家に住んでいる方の多くは、しばらく住み続けると吹き抜けの部分が不要と感じる方は多いです。

リフォームをして吹き抜けの部分を塞ぐ方もいますが、吹き抜けのある家というのは実用的な間取りではないと思います。

私は住宅メーカーに勤めていたので、実際に吹き抜けのある家で生活している複数の家に訪問したことがあります。

吹き抜けのある家は、明るくて解放感があるという感じも慣れてきて、通常の間取りの家の方が落ち着きを感じて良いと感じます。

もちろん、これから住宅購入をする方にとって理想の家を購入をすることは大切なことです。

ですので、吹き抜けのある家を理想にしている方は、吹き抜けのある家を作った方が良いのですが現実的なことも考慮して、後からリフォームをして吹き抜けの部分を塞ぐことが可能な間取りで注文住宅を作ると良いと思います。

吹き抜けのある家の理想と現実は、違うことを知っておいた方が良いのではないでしょうか。

以上、吹き抜けある家の理想と現実の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告