コロニアル寿命を徹底調査 | 住宅購入体験談ブログ

住宅購入体験談ブログ

住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

*

コロニアル寿命を徹底調査

   

注文住宅では屋根を材質を選ぶ必要があるので
何にしようか悩む方も多いと思います。

瓦は重いので地震の時に不安だったり
ガルバのトタンは軽いけれど見た目が良くない。

見た目も問題なくて地震の揺れにも軽くて大丈夫
そして価格的にも手頃なものだと
コロニアルの屋根になります。

でもコロニアルの屋根は定期的に再塗装が必要と言われているので
コロニアルの寿命が気になる方もいますね。

今回は、コロニアル寿命を徹底調査します。

コロニアル寿命画像

コロニアル寿命を徹底調査

コロニアルの寿命ですがコロニアルの塗装が何年間
保つことができるか?と考える方が多いと思います。

コロニアルを作っているメーカーでは
20年とか30年の塗装の変化がない製品を提供しています。

コロニアルはセメント系の材料を固めて
ペンキで塗装したものですが
塗装の変化がなければ雨漏りの心配もないということになります。

コロニアル自体の寿命を美観という観点でいうと
メーカーの言うとおり20年や30年の塗装は保証されるのでしょうが
それよりも実際の屋根の寿命を考えるとまた考えが変わります。

コロニアル寿命より屋根の寿命

住宅を建てるときや建てた直後は住宅の美観を気にしますが
長く住むにつれて美観を気にすることよりも
雨漏り気にしないで暮らせることが大切になります。

電車で上からコロニアルの屋根の住宅を見ると
コケが付いている住宅がありますが
住宅の環境によってコケが可能性があります。

コロニアルはセメント系の材質で水分を吸う材質です。
瓦やトタンでは水分を吸わないのでコケが付くことがないのですが
コロニアルの塗装が弱くなり水分を吸ってコケがついてしまいます。

でも実はコロニアルでも瓦やトタンでも
雨漏りの原因となるのは屋根自体の劣化ではなくて
屋根材の下地の問題になります。

コロニアルの寿命を考えて再塗装は必要ない

コロニアルの下には防水シートというゴム状のシートがあり
その下にベニヤ板の合板があります。
他の瓦やトタンでも同じです。

つまり防水シートの破損がない限り
雨漏りの心配はありません。

コロニアルにコケが生えてしまったり
コロニアルが割れたとしてもです。

実際に築30年でコロニアルにコケが生えていても
雨漏りしていない住宅が多くあります。

コロニアルの美観ということを考えなければ
雨漏りを心配して再塗装は必要ないということになります。

屋根下地の劣化を考える

雨漏りのことだけを考えると
コロニアルの再塗装は必要ないということになりますが
下地のベニヤ板の劣化問題はあります。

防水シートの破損がない限り雨漏りはしないのですが
その下にあるベニヤ板は結露の問題で劣化する可能性があります。
ベニヤ板が劣化すると最悪屋根が潰れてしまいます。

瓦やガルバのトタンでも下地の劣化は
住宅環境や構造の問題で起きます。

永遠にメンテナンスフリーな屋根というのは
存在しません。

やはりどのような屋根を選んでも
定期的にチェックするメンテナンスが大切ですね。

以上、コロニアル寿命を徹底調査でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


【期間限定】住宅購入に役立つレポート・無料プレゼント中

私が運営している住宅ブログを無料レポートとして、まとめました。


これから住宅購入を検討している方には、必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして無料レポートを確認する

広告