新築リビングで床をクッションフロアにしようと考える方もいると思います。クッションフロアはフローリングよりも価格が半値になるぐらい安いです。

昔はクッションフロアというと安っぽいイメージの床になるイメージでしたが、最近のクッションフロアでは色々な柄が増えています。大理石のようなイメージだったり、タイルのようなイメージだったりクッションフロア?と思うような質感を感じる製品もあります。

クッションフロアは安いので新築リビングでクッションフロアにしたいけれど、クッションフロアのデメリットが気になる方も多いと思います。

今回は、新築リビングでクッションフロアのデメリットの話をします。

新築リビング クッションフロア デメリット画像

新築リビングでクッションフロアのデメリットは本当?

新築リビングでクッションフロアにするデメリットとして一番大きいのが、安っぽく感じるという見た目の印象と言われています。

でも最近のクッションフロアでは質感が高級なクッションフロアがあったりするので、クッションフロアだからといって、安っぽく感じるというのはちょっと違うと感じます。フローリングでもグレードの低いものだと安っぽく感じるものです。

また、クッションフロアのデメリットとしては、ビニール製なので引っかき傷になるという話もあります。引っかき傷になりやすいクッションフロアもありますが、でも傷がつきづらいクッションフロアもあります。フローリングでも物を落としたら傷になるのもあるので、傷がつきやすいことはクッションフロアーだけのデメリットとは言えないです。

新築リビングでクッションフロアを選ぶと、他の部屋も全てクッションフロアにすると思います。クッションフロアは汚れたり傷が付いたりしたら、他の床材に比べて安い料金で張替えが簡単に出来るので優れた床材と考えることも出来ます。

新築リビングでクッションフロアのデメリットを検討

クッションフロアのデメリットとしてはフローリングとあまり変わらないと感じますが、唯一違うのが素足で過ごす方や、床に寝転んだときにフローリングとは違うのでデメリットと感じる場合があります。

クッションフロアはビニール製なので、夏にべたつく感覚や寝転んだときには暑いという感覚があります。子供の方は床に素足で過ごしたり寝転んだりすることが多いですが、クッションフロアは快適には感じないと思います。素足で過ごす感じなら、無垢材のフローリングの方が心地よさを感じると思います。

でもそれ以外ではクッションフロアのデメリットは他の床材と変わらないので、新築リビングでクッションフロアを選ぶことは良いと思います。

以上、新築リビングでクッションフロアのデメリットの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告